日々のライブな情報ページ

2007
06/11
Mon

2007年6月11日(月曜日)

日記

「桑田、晴れてメジャーのマウンドに.......」

ははは、放送の関係で早起きしてMLBのHPを開いてピッツバーグ対ヤンキースの試合を見ていたら、8対6でヤンキースリードの5回裏の場面で回の初めから桑田が出てきました。昇格から直ぐに使われたことになる。最初に対戦したのは、カブレラ。センターフライ、次はカイロで、これは3塁ゴロ、そしてニエベスはショートゴロ。1イニングを無事に通過。

偉いですよ。本当に偉い。そして凄い。夢を持ち、それに執着し、そして実現する。39才での初メジャー舞台。私はかねてから日本のスポーツプロの世界では3人が偉いと思っている。サッカーの三浦和、野球の工藤、そして桑田。最後まで諦めない姿が良い。桑田はいろいろ日本の球界ではあったが、嬉しいでしょうね。

怪我もして、「もう出られる」というところで一回夢を諦めかけた。そしたまた掴んだチャンス。どこまでやれるか知りませんが。お、六回も出てきた。デーモンは右フライ、ジーターはショートライナーで打ち取ったが、アブレイユは4球で歩かせ。いよ、対ロドリゲス。もう一人で松井。

あっら、ロドリゲスには桑田はHRを打たれてしまいました。初球を右翼席にもっていかれた。今日二本目。10対6ヤンキースリード。そのまま松井と対戦。初球ストライク、2球ボール、3球ボール、4球ボール、そしてまたボールで四球。松井は1塁に。次はカノー。これはレフトフライ。

ここまでの桑田の成績は、40球投げて22球がストライク、18球がボール。そして防御率は9.00。うーん、最初にメジャーでHRを打たれたのがA-Rodというのも勲章かも知れない。桑田が投げたのは、この5、6の2イニング。ご苦労様。

04:22 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/10
Sun

2007年6月10日(日曜日)

日記

少し前から気になっていた「とてつもない日本」をゲットして、興味深く読みました。政治家の本は一応目を通すのです。書いた人がどういう考え方かが分かる。

まあ題名からも分かるとおり、前向きな本です。しかも国際感覚のある人だから、偏狭なところがない。「日本力」などでの私の主張と似たところがある。でも私よりアジアへの思い入れが強いかな。

安倍さんと同じように祖父に時代を作った人を同じように持つ麻生さんですが、祖先をどう思っているかは相当違う感じがする。麻生さんはどこから見ても九州の探鉱主の孫で、経営者という印象がする。対して、安倍さんはどちらかというとおぼっちゃん。それが本にもかなり出ている。

しかし読んでいて、安倍さんよりはかなり「頭の柔らかい人」という印象がやはりする。それは経営者としていろいろな局面で判断を下し、いろいろな人にも会っているからでしょう。外務大臣になってからも長いし、その間も世界中を飛び回っている。

本を書くきっかけは、「前回の総裁選で予想外に若者に受けたからだ」と素直に書いている。日本のソフトパワーに触れている点でも、私は共感できる。靖国神社について、かねての持論をかなり長く述べていて、傾聴に値すると思う。

政治家がこうした自分の思いを本に出してくると言うのは、なかなか良い。安倍さんに対する考え方も、あの本のおかげでかなり固まった。麻生さんの本はそれぞれの問題に対する具体的なアプローチはないが、全体的な考え方は分かる。読み始めるとあっという間に読める本です。

23:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/09
Sat

2007年6月9日(土曜日)

日記

久しぶりにインドから日本に来たチャタルジー夫妻の話は強烈だったな。金曜日の午後着くというので、晩飯に寿司をご馳走したのです。最近よく行く六本木の巽寿司で。この寿司屋は北海道(特に小樽)の魚を揃えている。南から来た人々を、北の魚で迎え撃とうと。

なんとなんと、今のニューデリーは日中の温度が45度に達するというのです。夫人の久美さん曰く、「外に止めた車のボンネットに卵を落とせば、目玉焼きが出来る....」と。経験したことがないので分かりませんが、えらいことですな。

だから今はニューデリーの人は、「日中は外に出ない」そうです。もっぱらオフィスが家の中で静かにしている。「なぜそんなに暑いの」と私。チャタルジーさん曰く、「5月がいつもの年より涼しかったので」と。うーん、去年はちょうど今頃インドに行っていた。その時はそんなに暑くなかったのですが。

農民暴動の話も含めて、インドに関していろいろな話をしました。面白かった。彼等が前回来たとき以降に東京が変わった場所ですから、その後はミッドタウンで軽く飲んでお別れ。久美さんのお里である富山に行ったり、大阪、名古屋、岡山に行ったりと忙しそうですな。最近NHKの仕事をして、その番組(パール判事に関するもの)は8月15日に放送されるそうです。

考えてみたえら、今週はアジア・ウィークのような一週間でした。内田さんの話はタイを中心にシンドシナ7カ国くらいの話でしたが、金曜日の午後はプレスセンターで富山大学の今村弘子さんの「経済で見る中朝関係」という話を聞きました。

北朝鮮経済のどん詰まり状態、資源を中国に搾取され始めている状況(森を伐採し、資源を持ち帰る方式で、北朝鮮経済への波及効果が少ない)、中国からもロシアからも生かさず殺さず状態の待遇、経済改革の失敗など、様々な話があった。中国が北朝鮮といえども関係を友好国段階から「暴発を防ぐ」だけの関係にしつつあり、様々な貿易商品の価格をむしろ高めに設定しているという話などが面白かった。中国が今の北朝鮮にそのままでいて欲しいのは、「崩れたときよりはコスト安」という意識だけだと考えられる、と。

話が終わった後1時間近くあったQ&Aの時間が興味深かった。ははは、一番多く質問したのは私でしたが、印象に残った今村さんの話は、「金正日後」の北朝鮮。「息子が継ぐにしろ、集団指導体制になるにしろ、国として運営していくことは出来ないだろう」と。だとしたら、「ポスト金正日の北朝鮮」を、韓国、日本、中国、ロシア、それにアメリカでどう管理するかの構想が既に書けていなければならないはずなのに、それは全くない。それが問題だ、と。

01:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/08
Fri

2007年6月8日(金曜日)

日記

世界的な長期金利の上昇の中で、ニューヨークをはじめとして株価が「調整局面」に入っている。バーナンキが市場変動のリスクに言及した直後での動き。それまでの世界的な株価の上昇を考えれば、筆者は今の動きはまだ健全だと思っているが、市場はどちらにしても行きすぎるケースがあるので要注意。

政策金利も上がっている。ECBは今週政策金利を4%に上げたし、ニュージーランドも同金利を8%に上げた。アメリカでも利下げ期待は萎んだ。ゴールドマン・ザックスが唯一「次のFOMCの動きは下げ」としてきたが、この立場を変えた。日本でも日銀の利上げ時期前倒し論が勢いを増している。

問題は、長期的なディスインフレ圧力が弱まっているかどうかだろう。今週ウォール・ストリート・ジャーナルには、長期的に見てもここ10年以上のインフレ抑制圧力が弱まっているとの見方を示していた。ただし筆者はまだ今の動きは、過去何回もあった「インフレの亡霊の短期的な起きだし」の域を出ないのではないか、と見ている。

もっともインフレ懸念は強い。アメリカの10年債の利回りが7日の段階で5.0%を一気に超えてきた。既に超えている30年債は今ニューヨーク市場を見たら5.22%になっている。10年債利回りは5.12%。アメリカの長期金利水準は明らかに過去10ヶ月ほど慣れ親しんだ帯域から上に抜けた。問題はあとどのくらい上げるのか。

この中でも日本の昨日の株価がしっかりしていたのは、「日本の長期金利上昇はむしろデフレ圧力の後退」を予感させるためでもあるし、日本の株価が世界の他の市場に比べれば出遅れたためとも考えられる。
――――――――――
ところで私の新しいHPの立ち上げは、目標を来週の月曜日に設定しました。RSS機能も付けるので、ご期待ください。どのような仕上がりかは乞うご期待です。ただし、http://www2.gol.com/users/ycaster/をリンク先にしていた方は、早めにhttp://www.ycaster.com/に変えておいて頂ければと思います。前者はある時点、たとえば6月末にフェードアウトさせる可能性があります。今まではこの二つをほぼ同時にFTPを書き換えてきましたが、今後は私のHPを「http://www.ycaster.com/」に統一することになりそうです。

01:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/07
Thu

2007年6月7日(木曜日)

日記

私のリンク・ページにも入れさせて頂いている内藤俊雄さんのHPが更新を再開しました。内藤さんは最近本拠を東京(千葉)から徳島に移されて、その関係で今までのHPを一時閉鎖し、新しいプロバイダーでの再構築をはかっていた。それが完成したもの。

新しいHPはhttp://www2.ocn.ne.jp/~hotian/stock.htmで、今後新しい書き込みの増加を期待したいと思います。新しいHPというと、私のHPの最終的仕上げに関する打ち合わせを今日します。たぶん来週には新しいHPでの登場となります。お楽しみに。

ところで、内藤さんと言えばずっと以前からの私たちがやっている勉強会のメンバーでしたが、その勉強会がぞろ目の日の今日あって、講師はタイでの長期滞在を繰り返している内田さんでした。この話はインドシナ全員に関する話もあったし、なにせ自分が実際に体験していることを話してくれているので、非常に面白かった。

最近私自身の目も中国とインドに偏っていたので、東南アジアに目をもう一度戻すきっかけになりそう。話は多岐に渡ったのでここでは一言では言い表せないのですが、勉強もかねて海外生活を展開するのは、なかなか面白そうだなと思いました。

内田さんの資料に勉強会の最初の方の資料があって、忘れていたのですが見たら最初の会が1986年7月20日だった。ハハハ、20年以上続いている。そりゃ内藤さんのように田舎に移動する人、内田さんのように海外長期ステイを行う人も出てきます。それはそれでまた面白い。

03:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/06
Wed

2007年6月6日(水曜日)

日記

多分初めてだと思いますが、神戸の下町と言える三宮の込み入った店舗街の中で数時間を過ごしました。同じごみごみと店が建て込んでいても、やはり東京とは違う。なんて表現したらよいのか分かりませんが、どこか懐かしいような雰囲気がする。

驚いたのは、その店の数です。食べる場所、飲む場所、その他。実に多様な店があって、「これは競争が大変だ」と。神戸や三宮にくるのはそれほど珍しいことではないのですが、今まではたいていは用が済んだら直ちに帰る、例えば、大阪や東京に、というパターンが多かったので、ちょっと興味深かった。

神戸に詳しい人に聞くと、予想通り店の盛衰も激しいらしい。その中で、「もう35年もフライパン握っている。もうやめたい」という女主人のいる店に連れられて行きました。蓬莱亭というのですが、店は狭いし、この女主人は一見愛想がない。

しかし「私のおじいさんが台湾で仕入れてた料理を今でも出している。その意味では、100年前の台湾の料理」という今では東京でも、関西でも見かけない料理を食べました。料理というか、鍋料理。鍋物研究会の広報部長ですから。これが塩で味付けしただけなのに、メチャ美味い。サイトに載っている腸詰めなどもいただきましたし、マコモだけも良かった。火鍋の雰囲気だが、火鍋ほど辛くはない。

一見愛想がないが、暫く話していたらお茶目な方で、「じゃ、やめて何するんですか」と聞いたら、「それがないから困る。だからずっとやっている」と。「じゃ、ずっとおやりになったら」といった会話になった。ははは、面白かった。

「うまいでしょ」と見せかけるような中華の店が日本全国多い中で、変わった、珍しい店だな、と。ただし、あまい新しいお客さんが入ってくるのは歓迎しないようだし、なにせ店は確かテーブルが三つあっただけ。私は連れられていきましたが、もちろん予約が必要だし、新しいお客にこの女主人がどう対応するかは私は分かりません。

それにしても、あの三宮にある店を探索するのは楽しそうだ、と思いました。なにせ半端じゃない。気が付いたのは、結構「お寿司」の店がある。鮨はもともと関東と思っている人間なので、神戸の鮨がどんなんかも後々知りたいと思いました。

03:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/05
Tue

2007年6月5日(火曜日)

日記

ユーちゃんも、マー君も、良い道を選んだと言うことでしょう。ユーちゃんは神宮での優勝決定を決めた試合で先発して勝利投手になり、一年生ながらナインの胴上げを受けた。春だけで4勝し、六大学野球のベストナインに選ばれた。

マー君は、最初に2~3試合くらい不安定だったが、その後は投球も安定して勝ち星をあげられるようになって、チームの顔になりつつある。今年のオールスターのパリーグ先発投手の一番手にとファンからの声が強い。

例に甲子園での再試合、斉藤投手が最後に田中選手を三振に打ち取ったシーンを見ている人間からすると、まだ一年もたっていない。あの暑い夏はこれからですからね。二人ともそれぞれの道を選び、そして今も輝いている。ナイスですな。

それにしても北朝鮮からの脱北者4人の話は壮絶だ。2日に一回しか、それもパンをかじる程度の食事しか出来ず、このままだと餓死するという絶望感で日本海に漕ぎ出したのだという。回りが見えない霧の夜に。同じような境遇の人は2400万人と推察される人口の中で、かなりの割合を占めるのでは。

もっとも、それでも脱北を決意し、それを用意する意志とお金があった点は注意に値する。北朝鮮では灯油は極めて高いそうで、それをなぜ準備できたのか、またそれは次男が持っていた覚醒剤と関係があるのか。その辺の調査が必要だろう。

ミサイルや核を開発しても、それで国民が食べられるほど諸外国から様々なものを脅し取れるわけではない。結局は2400万人が暮らすには、その暮らしを支える経済活動がなければならないのに、そのノウハウが失われつつある。はっきりしているのは体制として行き詰まりの状態にある、ということです。

それから残念ながら、岡島は昨日の試合で松井にヒット、その後のカノーに三塁打を打たれて自責点1。その結果、日本で言う防御率は1.30前後まで落ちてしまった。投げて一回ちょっとの中継ぎ投手は、「自責点×9」ですから厳しい。まあ、本人も言っているように「打たれることもあります」でしょう。

00:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/03
Sun

2007年6月3日(日曜日)

日記

土日の楽しみは朝方は大リーグですが、今日も見てしまいました。ボストンでのヤンキース対ボストン。ボストンが後半に大量点を取って昨日の雪辱をしたのですが、「これは凄い」という記録が見えてきた。それは、岡島の防御率。

防御率は英語では、Earned Run Average というのですが、この「Earned Run」というのは自責点。つまり、Earned Run Average (ERA)とは自責点率とでも訳せるのですが、日本では「防御率」とされる。計算方法は「(自責点×9)÷ 投球回 」。つまり、一試合9回を投げたとして何点取られたかの率。

それが岡島は今いくつだと思いますか。この日も7回のツーアウトから出てきて一人を打ち取り、その時の防御率が1.01。そして8回も出て、3人を簡単に打ち取って、その時に出た防御率が1.00。もしかして0.99かと思っていたので、「ちょうどか」と思ったのですが、まあそれにしても今の岡島は、9回を投げも、「点を取られても1点」という割合ですから、これは凄い。

あれだけ試合に出ていて防御率が1.00というのはアメリカの投手ではいないのでは。岡島の後を受けて9回を締めたパペルボンの防御率は1.77です。松坂の防御率はちょっとここでは書けない。次の試合が楽しみです。一回を自責点ゼロで抑えれば、岡島の防御率はポツ以下になる。

松井はどうっだったのか。うーん、5打席で一二塁間のヒット一本。あとは冴えない。しかも最後の打者になった。最後は力なくショートフライ。ヤンキースの3番松井、4番ロドリゲスの打率を見たら「0.278」「0.290」。あら、ロドリゲスの打率は絶好調のころは、0.360くらいあったのでは。最近はHRをどちらからも見ない。

09:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/02
Sat

2007年6月2日(土曜日)

日記

もう昨日で終わってしまったのですが、岩波ホールでやっていた約束の旅路は良い映画でした。名前も宗教も隠して「ユダヤ人」としてイスラエルに来なければ生きられなかったアフリカ難民の少年。本当の母親とイスラエルの母親の二人に「行け」と言われて人生の分かれ道での選択をする。

題名の「約束」もそんなに簡単なものではない。特に賢いだけにこの子供(シュロモ)の心の葛藤はすざましい。新しい地に対する抵抗と、本当の母親を置いてきた、そして何よりも自分と宗教を偽っていることに対する悔悟の念。アフリカの難民が置かれた状況と、その厳しさが良く分かる。

でも彼をイスラエルに送り出した本当の母親の判断も、そして彼をフランスに送り出した育ての母親の判断も正しかった。この少年は二人の母親の手の上で踊っているようなものです。しかし、踊ると行っても凄く悩みと苦悩の多い。

いかにも「フランスの映画」という印象が強い。時々凄く話が飛ぶことがあるのですが、それでも2時間30分以上で、しかし見る価値はあるし、見て良かったと思う。そのうちDVDになるでしょう。岩波ホール以外の全国の映画館では、結構遅くまでやっている。

16:25 | Comments(0) | TrackBack(0)
2007
06/01
Fri

2007年6月1日(金曜日)

日記

米大リーグのファン投票で、ア・リーグの外野部門を見ると、イチローが3位で松井が10位。残念ながら今はそれだけのアピール度の違いがあるな、と思いました。

選手とすると、たぶんまだ日本では松井の方が人気は上です。親しみやすい性格、あの暖かそうな笑い顔、そして野球選手の憧れであるホームランの数。しかし、野球を極めようと言うプロ意識では、そしてそれを何としてもやり遂げる意志、方法を兼ね備えているのはイチローだと思う。だから、彼は玄人好みです。しかしアメリカのファンの視線は、かなり玄人チックだ。良い意味で。

最近の大リーグの試合を見ていると、松井が打席にはいるときと、イチローが打席に入るときを比べると、「何かをしてくれる」という期待度では圧倒的にイチローが上です。今日の大塚との最終打席もそうだった。見事に外角の球をセンターに打ち返した。

「松井に必要なのは何だろうか」と最近いつも思う。ファンですから。でもファンながら最近の松井には全く満足できない。成績以上に、最初の年のプレーオフでベースに駆け込んだ後に宙に舞ったようなエキサイティングなプレーに欠ける。一言で言えば、3番を打っていていても存在感が薄い。成績もそこそこ。アブレイユが当たってくれば、また下位に戻されてもおかしくない印象しか残していない。失礼かもしれないが、「オジさん臭くなった」と思う。30代のぞろ目も近い。

最下位のチームの成績が上がれば松井の印象も良くなる ? 多分そうです。しかしそれだけでは足りない気がする。何だろうか、と考える。答えはまだ出ていない。来週か再来週に松井応援の会があるので、その時に討議しようと思うが、一つはっきりしているのは松井は大リーグに渡ったときの望みを達してはいない、ということだ。

フリーエージェントの資格を得るイチローは、私は今年は必ず動くと見る。もうマリナーズにいる理由はない。WBCを制したイチローが最後に欲しいのは、ワールド・チャンピオン・リングだろう。今年それに一番近いチームは、ボストンにある。お金があるかどうかは知らないが。

16:25 | Comments(0) | TrackBack(0)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»