日々のライブな情報ページ

2018
05/11
Fri

6.12 シンガポール

day by day

  (02:45)「北朝鮮の金正恩委員長の専用機が、ダイレクトに飛べる距離........」というのがシンガポールに決まった一つの要因........っていうのが笑えたな。つまり同じく候補になっていた欧州の地は、「ダイレクトに飛べないから無理」となったのか。

 習近平さんとの北京、そして大連での会談で予行演習して、彼にとっては3人目の大国のトップとの会談の相手がトランプ大統領ですか。そんなに大きな国でも、力のある国でもないのに、「習近平→習近平→トランプ」という世界トップクラス(善し悪しはべつにして)との相次ぐ会談。

 それはある意味、北朝鮮が普通の国ではないことの証拠のように思う。安倍さんが今年どのくらいの世界の要人と会っているのか知らないが、もっと幅広くお付き合いしているでしょう。そのうち金正恩氏はプーチン氏とも会って、「世界のスリートップを制覇」とか言い出すかも知れない。

 6月12日、シンガポール。あの暑い、しかしビルの中は凍るような国で二人のちょっと変わった政治家がどんな話し合いをするのか。トランプさんは今回3人のアメリカ人をポンペオ国務長官とともに連れ戻すことに成功。早朝にも関わらずアンドリュース空軍基地に出迎え。ペンス副大統領とともに。

 「直近の政権の成果」ではあるし、「選挙対策用の素晴らしい成果」とも言える。本番はやはり6月12日に金正恩とどんな中味の話し合いをするのか。「期限を区切ったCVID」が必要ですが、その点については北朝鮮は中国を仲間に引き入れて「そこをなんとか」と。段階的非核化(見返目当ての)を画策。

 一番の関心事はこの北朝鮮の姿勢(画策)にアメリカがどう出るのか。場所も日にちもきめたということは、双方が「着地点はあるだろう」くらいまでの認識に到達したことを示している。しかしはっきり言って、日本の為にもトランプさんには選挙対策用にあまり妥協して欲しくない。

 マレーシアのマハチール氏の首相返り咲きは凄い話です。日頃この国を追っているという訳ではないので、FTを読んだり。別件で新谷大輔さん (以前も番組に出てもらった 正式には三井物産戦略研究所 国際情報部アジア・中国・大洋州室 室長兼主席研究員)とSNSでやり取りしていたら、マレーシアが話題に。

 その中で「これは良いポイント」という視点があったので、彼の承諾を得て番組で紹介することにしました。金曜夜のラウンドアップです。その後はポッドキャストで聞けます。

03:31
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード