日々のライブな情報ページ

2017
10/26
Thu

これじゃあかんだろう

day by day

 (23:55)日本のまともな野党勢力の中で、やっと形を保っているのは立憲民主党だけですか。あとは溶解状態、というよりぐじゃぐじゃ。昨日の希望の党の議員懇談会もそうだし、27日に民進党が行う両院議員総会(?)も混乱・溶解の様相を深めるんでしょう。

 政権を取っている与党に対してピリッと辛い、政権交代を任せうる野党の存在。「緊張感のある政治」が理想の私にとって、「これじゃあかんだろう」という状況が広がっている。しかもどう収まりがつくのかとんと予想も出来ない。

 小池さんが言うことは益々「意味不明」になっている。「都政に邁進」といいながら、「希望の党の代表は続ける」と。アナウンサーだったから「言葉の矛盾」は良く分かっている筈だが、それが出来ないのは「リセット→自分が設立」の経緯があるからでしょう。

 誰も言わないが、あの「リセットしまして.....」も「排除いたします.....」と同じくらいきつい言葉です。された二人の一人は選挙で落ちちゃった。そして引退へ。自分の選挙区を譲ったにしても、自分がリセットした人を候補に据えたのですから、地元の人も「?」だったに違いない。

 もう一人の騒動元凶人物=前原さんの言うことも全くの意味不明となっている。今日の午前中に読んだ朝日のネットには『前原・民進代表、辞任表明へ「結局うまくいかなかった」』と見出しにあって、ちょっと唖然。

 記事は「民進党の前原誠司代表は27日の両院議員総会で、党全体が希望の党へ合流するとの方針を撤回し、代表辞任を表明する意向を固めた。参院民進や地方組織は党として存続する。民進は来週にも新代表を選出し、来月1日に召集予定の特別国会までに、執行部を発足させる方向で調整している」と。全くビックリ。衆議院議員はいないんだけど....。

 さらに、「参加者の意見を聞いたうえで、提案時とは状況が変わったとして民進の存続を提案」と。加えて民進党に残っている政党資金は、そのまま民進党に残す....とも。これだと彼の最初の言葉を信じて希望に行った人達は紐帯も切られ、金蔓も切られ.....。もう彼は日本の政界には残れないような気もする。京都の選挙区では人気があるらしいが。

 日本維新の会もがたがた。松井さんにも辞任の話が出ていて、「誰もやらないのなら俺が.......」という人もいるらしい。何事もカオスから生まれる......という考え方に立てば「今がカオスそのもの」とも言え、前向きにも考え得る。が、この混乱は暫く続きそうなのが心配。いや野党勢力を心配しているのではなく、日本の政治そのものに緊張感が生まれないのに関して。

 結局は国民が監視役にならないといけない、ということか。

23:28
2017
10/26
Thu

中国の今後が心配だ

day by day

 (11:55)ちょっと心配だな。中国が中国らしくない国になるかもしれないと。体制的には中国がちょっと北朝鮮の独裁国家に接近したような。

 中国は当然民主的な国ではない。選挙もない。習近平がなぜ国のトップに座っているのか、誰も合理的な説明が出来ない。中国人に聞いても誰も答えられない。世界でも異質な国だ。

 しかしそれはそれとして、ある意味中国は「民主的に運営されている面もある国だ」とも思っていた。国内で地域閥、経路閥などいろいろな閥があって、それが相互に影響力を競う中で「相互監視」の中で政治を「内向きに執行」してきた。それはある意味民主的だった。

 この「内向き」というのが重要で、それは中国は国が大きく(50近い民族がある)、国民の数(13億とされる)が多いので、とにかく「国内で反乱が起きないようにうまく統治する」が最大の課題だった。だから中国は戦後ずっと「内向き」だった。それは世界にとって良かった。当然日本にも。

 しかし習近平指導部は、明らかに今までの中国のやり方を離れようとしている。指導者が二期目(次の5年)に入るときには「次の指導者候補」を入れて学ばせる、という伝統を破った。

 国内でも海外でも「次の中国の指導者」と見なされた50才代の二人(陳敏爾重慶市党委書記、胡春華広東省委書記)はトップ7に入らなかった。5年たったら二人は60に接近するか、超える。

 68が定年だとすると、実は「もうこの二人は次の中国のトップにはならないのでは」と見れる。今回決まった7人は全員が60代だ。習主席(64)、李克強首相(62)ほか、昇格した汪洋副首相(62)、韓正・上海市党委員会書記(63)、趙楽際・中央組織部長(60)、栗戦書・中央弁公庁主任(67)、王滬寧・中央政策研究室主任(62)の5人。

 「二期目も次の指導者を明らかにしない」というのは、権力を維持したい習近平氏にとってみれば、戦略的には正しい。しかしそれは中国の伝統を破る。内に敵をなくし、中国の関心を不要に「外」に向ける。

 私は王岐山・中央規律検査委員会(中規委)書記(69)が習近平の要望にも関わらず辞めたのは、「周囲からの反感」というよりは、自ら辞めたし、それは「習近平に対する警告」の面があると思っている。「定年くらい守れ」という。

 習近平にとってはは王岐山が定年破りで残ってくれれば、慣例破りが出来て良いと思っていたのではないか。しかしそれが出来なかったので、「50代は入れない」ということになった気がする。

 彼は「中国の不文律」をおそらく破ろうとしているのだろう。ということは今後中国は我々が知っていた中国とは違う国になるということだ。それが心配だ。

11:08
2017
10/25
Wed

決めた:DeNAとドジャースだ

day by day

 (05:55)うーん、決めた。今年のプロ野球の最後の応援チームを。日本ではDeNAに、アメリカではドジャースにした。なので毎回「DeNA」と打つのが面倒だったが、それを「でぃ」でATOKに辞書登録した。

 一種のファン心理なので、特に理由などないのですが、敢えて言うとDeNAには「偉業達成の期待」がある。ドジャースにはダルビッシュと前田の二人に優勝リングを持って欲しいから。アストロズの初優勝も見たいが、ドジャースだって私は最近の優勝を見ていない。

 薄々気がついてはいたが、DeNAは「12球団一薄給の球団」らしい。このライブドア・ニュースによると、球団別の平均年俸で見るとDeNAは2600万円で6年連続の最下位 。選手が華やかに稼げるのは長い選手でも15年と考えれば、これは少ない。

 対して12球団トップは2年連続でソフトバンクで7013万円だそうな。実に3倍近くもらっている。孫さんの会社が裕福だから出来る芸当。そりゃDeNAを私は応援しますよ。心情的にも、スポーツの面白さの点でも。

 かつラミレス監督の選手起用、操縦の面白さがある。昨日もほぼ全部見ていたが、「選手の普段出ない力」を引き出しているように思う。彼は西麻布に出した「ラミちゃんカフェ」の経営には早々に失敗したが、どうやら選手操縦にはなかなかうまい。選手も彼を信頼しているように見える。

 ソフトバンクは最近も優勝した。もういいでしょう。私にとって、面白みも何も無い。デジャブ。DeNAを見ていると、「こんな選手もいたんだ...」と面白い。昨日など梶谷が5打席目かな、それまでずっと凡退していて「もうそろそろ打つだろう」と思っていたら、本当に打った。HRを。

 言ってみれば、DeNAは面白い。なので今までセリーグではなかった「最大下克上による日本シリーズ制覇」を成し遂げて欲しい。確かパリーグではロッテが2010年に達成して、その時に既にロッテに「プロ野球史上最大の下剋上」を合言葉にされているので、「セリーグ初の最大下剋上優勝」か何かを合言葉にして戦って欲しい。

 ダルと前田にも私はワールド・シリーズ優勝リングを持って欲しい。それがドジャースを応援する理由です。特に前田は慣れないリリーフで素晴らしい成績を残している。今ポスト・シーズンの防御率は何と0.00。あり得ない数字です。このままで行って欲しい。

 カーショーはリーグ優勝を決めたシャンパンファイトの前の一言で、彼とダルの名前を挙げた。「二人が良くやってくれた」と。それは「前田は先発で投げられなくて残念に思っているだろう。だから特に前田に感謝しよう。だったら同じ日本人のダルビッシュの名前を入れよう」という思いだったと思う。

 ダルはレンジャースから移籍してのワールドシリーズ参戦。アストロズにはタイガースから来たバーランダーが同じような存在。出来たらバーランダーと投げ合って勝って欲しい。うーんでもバーランダーは2戦目かな。ダルは3戦目。

 とにかく大リーグに渡った数多い日本人選手でも、ワールドシリーズの優勝リングを持っているのは、以下のメンバーだけ(wikiから)。

 1998年、ニューヨーク・ヤンキース所属の伊良部秀輝。(ワールドシリーズは出場機会無し)
 1999年、ニューヨーク・ヤンキース 所属の伊良部秀輝。(2年連続で2個目の獲得。ワールドシリーズは出場機会無し)
 2005年、シカゴ・ホワイトソックス 所属の井口資仁、高津臣吾。
 2006年、セントルイス・カージナルス 所属の田口壮。
 2007年、ボストン・レッドソックス 所属の松坂大輔、岡島秀樹。(松坂はWBC(後述)と両方のチャンピオンリングも持つ)
 2008年、フィラデルフィア・フィリーズ 所属の田口壮、井口資仁。(両選手とも2個目のチャンピオンリングを獲得)
 2009年、ニューヨーク・ヤンキース 所属の松井秀喜。(日本人初のワールドシリーズMVPも同時に獲得)
 2013年、ボストン・レッドソックス 所属の上原浩治、田澤純一。
 2016年、シカゴ・カブス 所属の川崎宗則。(ワールドシリーズは出場選手登録外のためベンチから応援)

 保持者の中で本当の意味でシリーズで活躍した日本人選手は、実は片手では足りないくらいしかいない。私の記憶に鮮明に残っているという意味で。井口、松坂、岡島、松井、上原、田澤などかな。

 記述にもありますが、うちシリーズMVPは松井だけ。あのシリーズは全試合をビデオで残して、時々観ている。何度観ても良い。ダルも第三戦の先発ではMVPは難しい。逆に前田にはほんの少しチャンスがある。全試合に1~2イニング出ても防御率0.00を続けるとか。そうなれば、リリーフのMVPは初 ?

 うち伊良部選手はなくなってしまった。ダル、前田には活躍してメダルを取って欲しい。(と言うことは、NHKのMLB解説者の中でリングを指にはめてレギュラー解説できるのは、唯一岡島秀樹選手だけか.......)

06:29
2017
10/23
Mon

新たな変動の幕開け ?

day by day

 (09:55)今回の衆議院選挙に対する私の見方、それとマーケットとの関係については、今朝リンク先のような文章を書きましたので、ご興味のある方はお読み下さい。

 私の基本的な考え方は、『今回の選挙を見る視点として重要なのは、「これは日本の政界の大きな変化の、その第一 幕に過ぎない」という点だろう。自公の連立与党に全体として惨敗した野党陣営には、再度 の再編の動きが活発化するだろうし、自民党の支持率は高い水準を保っても安倍首相に対 する国民の不支持率の高さ故に、「(森友・加計問題を含めて)今回の選挙で安倍政権の過 去が精算された」との国民感情は生まれないだろう。』

 『とするとやや遠い話になるが、それは将来の自民党の内部で「安倍疲れ」「安倍降ろし」 の動きが生じ、それに希望の党の一部が参加する可能性もある。つまり筆者は日本の政界に は大きな変化の第 2 幕、第 3 幕が待っていると考える。問題はそれがマーケットに影響を与 えるかどうかだ。』

 という書き出し通りのものです。さっき読んだある新聞の見出しで自民幹部の話として、「首相が一番嫌われていたが...小池さんに感謝」という記事があった。朝日かな。そうだと思う。

 同じ記事には閣僚経験者の話として、「自民には投票するが、安倍さんは嫌いという人が結構いる」と。また首相に近い閣僚でさえも「演説では『安倍政権』と言わず、『安定政権』への支持を求めた」と漏らしているそうだ。

 筆者は選挙運動全部を見ていないが、多分そうだと思う。そしてそれが後々の自民党内での「総裁交代に向けた動き」に繋がると思う。

10:16
2017
10/22
Sun

予想外に高い投票率 ?....衆議院選挙

day by day

 (14:55)この手の会合は一年前には企画しますから、そりゃ無理だな。この天気になると予想するのは。

 この台風絡みの荒天にも関わらず、品川に仕事に来ています。あまり例のない日曜日のそれ。一日このセミナーをやっているそうですが、私はちょこっと午後の一部のセミナーに対談で。

 今朝もう雨が強くなり始めた箱根から帰ってきて、ちょっと休んで。その間の雨の降り方もひどかったな。杉並区に豪雨注意報 ? なんか杉並には注意報が良く出る。マンションの地下からホテルの地下に濡れないように車で来ました。

 都内は車が少ない。そりゃ雨でそうそう人は出ないでしょう。しかし午前10時でも、正午でも投票率は前回を上回るとか。私も今日の午前中に投票所に行ったのですが、印象を言うと、「いつもより人が多いな」というもの。

 加えて今回は期日前投票が非常に多かったそうだ。昨日を入れないで史上最高とか。加えて当日の投票率の高さ。つまり今回の衆議院選挙は「予想以上に高い投票率になる」ということか。

 ま、これだけ雨が降って「台風接近」とか言われると、「散歩がてらに投票所に.....」という人も多いでしょう。他にあまり行くところはないとも言える。投票所に行っても、このエクスポにはどうか。ホテルには着きましたが、今は出番待ちでカフェを。

 今日来る人は本当に熱心な人だ。その心得で話さないと。ははは。

14:52
2017
10/21
Sat

面白いおっチャンが...カメラ抱えて

day by day

 (05:55)昨日は面白いおっチャンがカメラ担いで(実際にはキャリーして)来たな。太った体で難儀そうに体を動かし、「俺はフロリダ生まれなので、長雨は嫌いだ」とかいいながら。でもいい人だった。

 メールが来たのです。CGTN というテレビ局から。「C」だからチャイナかなと思ったら、「国営テレビ局中国中央電視台の中国グローバルテレビジョンネットワーク(中国環球電視網)の英語による国際ニュース放送チャンネル」と解説が。かつては「CCTV-NEWS」「CCTV-9」「CCTV International」として知られていたそうだ。「CCTV」には「監視カメラ」との意味合いがあると、そのおっちゃん。確認はしてありません。

 何の話かと思ったら、「アマゾン効果の日本経済への影響」と。じゃあと受けて、昨日撮影の約束をした。最低2人来ると思った。担当者とカメラ。中国人二人で。そしたらこのフロリダ生まれのアメリカ人が一人で取材に来た。機材をキャリーしながら。

 大変そうでした。カメラをセットし、周辺を整え、そしてインタビューアーもする。インタビューをしながら絵が撮れているか確認する。せわしない。ワンマン・インビュー。今までで初めてだな。日本のクルーは普通は最低3人、多いときはスポンサーまで付いてきて4~5人ですから。

 「どこで私の名前を...」と聞いたらウォール・ストリート・ジャーナルから、と。本当かな。まどこかで私の名前を見付けたのでしょう。で聞いてきた。どうせ使うのは2分がせいぜいなので、端的に。

 今の中国の体制は嫌いだが、中国の人々には尊崇の気持ちもある私。体制がらみでなければ、面白い仕事なら受けるというスタンス。そう言えば昨日も「上海に本拠を置く Ximalaya.com の日本拠点というところから、「日本市場向けに音声プラットフォームを運営」するので、「伊藤洋一様の書籍を音声化し当社のアプリ上で展開していただけないか」という話がメールで。

 ま、面白そうなのでちょい来週会って話を聞こうかと。「 Ximalaya.com は中国・グローバル市場において、4億人のユーザーを擁する業界最大手の音声プラットフォーム運営企業です」とのウリ文句も。

 全然知らない。どなたか知っていたら、教えて下さい。「第1弾として日本では、9月14日に音声プラットフォームアプリ「Himalaya」の配信を開始させていただきました」ともあった。

 「書籍の音声化」ね。需要が多いとは思えないな。

06:17
2017
10/19
Thu

すごい防御率やな.......日本人投手

day by day

 (23:55)今ちょっと興味を持って見たら、予想通りポスト・シーズンに出ている日本人投手3人の防御率が凄い。

 田中      1.38
 ダルビッシュ  1.42
 前田      0.00

 前の二人は先発、前田はリリーフという差はあるが、この3人とも凄い成績ですよ。「続くのかな」と思うくらい。しかしこの3人は言ってみれば日本の球界を背負ってきた。「ここ」という勝負には高校時代から慣れていて、気持ちの持って行きようがうまいのかも知れない。アメリカには大きな、全国的な高校野球大会はないので。

 これでまた日本人ピッチャーの評価が高くなるのでは。大谷ね......。どうなるんだろう。二刀流は ? 楽しみやな。それにしても今日はアメリカ中のマスコミ、そしてかつての名選手がタナカ絶賛。本人も「自分を褒めたい」とどこかで聞いた台詞

 ニューヨーク・タイムズなどは「ヤンキースを苦しめてきたカイクルを、ヤンキース打線がいかに打ち崩したか」を記事の中心を置いているが、そうは言っても今日の試合は「タナカの試合」でしょう。

 見ていて本当に痛快だったが、7回は本当に疲れているように見えたし、やっと気持ちを入れて投げれている感じだった。第7戦がなく、リリーフにも出ないで、田中が少し休めることを希望する。

23:56
2017
10/19
Thu

後任指名は見送り ?

day by day

 (10:15)日本のスポーツアナウンサーのインタビューには、しばしば「唖然」としますね。「あんた、頭が熱くなっているんじゃないの....」と。

 試合に興奮しちゃいけないんですよ。プロとして。「ここは何を聞くべきか」を冷静に考えて、選手から貴重な言葉を引き出し、見ている人に新たな情報を提供し、その中で感動を呼び、そして「試合中の謎」を解いてくれる情報を聞き出さないと。

 「謎」はいろいろあるじゃないですか。あの時なんであの球を投げたのか。あの時どうして走ったのか。監督の指示はどうだったのか、などなど。今日もNHKBSのインタビューアーは田中に、「昨日も言いましたけど...」と言われていた。今日だったら「7回はどうだったのか....」を聞くべきでしょう。

 昨日の田中の一言を聞いていれば「カイクルとの対戦でしたが.....」と聞く筈がない。昨日田中は「相手投手は関係ない」と言っている。さすがにマー君もむっとしていた。「こいつ俺の昨日のインタビュー聞いていないんじゃ....」と不信感を持ったんでしょうね。

 相撲も野球もしばしば日本のスポーツインタビューアーは「これをここで聞く ?」という質問が多い。要するに素人なんでしょうね。あまり当該スポーツにも詳しくない。しばしば選手にばかにされている。多少まともなのはサッカーかな。むろんそうじゃない人も一杯いますが。

 ところで時間がたてば分かるのですが、今朝の日経。『「ポスト習氏」 見送りか』は非常に理解が行く記事だな。毎日新聞は数日前に「陳敏爾氏は今回政治局常務委員(7人しかいない)に昇格したあと、来年3月の全国人民代表大会(国会)で国家副主席に就任することが内定した」と報じていた。

 でも昨日の3時間半に及ぶ長大な習近平の演説を見るまでもなく、彼は「やる気満々」に見える。後任らしき人を任命してしまうと、周囲がそう見るので、「習さんもあと5年か」という雰囲気になる。またもしかしたらその人を10年待たせるかも知れない。

 噂に上っている人は皆50台なので、10年待ったら60台の後半になったりする。それは指名された人も方が迷惑でしょう。それにしても習近平もなかなか挑戦的だ。正面から見て右の江沢民、左に胡錦濤を置いて、「過去に出来なかった改革(汚職撲滅)をしている」と言って見せた。

 その気の強さが彼を支えているし、しかしその気の強さが彼に災難をもたらすかも知れない。見ていてそんなことを思いました。

10:37
2017
10/19
Thu

ルビンの壺が割れた

day by day

 (07:15)変な時間にMLBの中継、アリーグのチャンピオンシップ・シリーズをやっていて、それを見ているのですが、マー君調子良いですよ。5回を終わってアストロズをゼロで抑えている。

 相手投手は前回戦ったカイクル。前回は好投しながらも負け投手。今回は2-0で勝っていて、そのお返し ? 今回は田中が2-1で勝ち投手になるのが理想。今日のカイクルはちょっと制球が悪い、というか思う通りになっていないような気がする。

 むろん試合途中で結果は不明ですが、私が素人目で見る限りポスト・シーズンの最初の数試合凄かったアルツーベが調子を落としているのがアストロズの弱体化の原因のように見える。つまり彼を活性化させないこと。後はアストロズは救援投手が弱い。

 ところで一冊小説を読みました。最初は「清純な」印象。それが終わりに接近するに従って「ぐじゃぐじゃ」になる韓国ドラマのような設定ですが、舞台は面白い。フェースブックでのメッセージ交換の形で話が進む。

 とにかく小生の最後が終わりが、衝撃的、というかちょっとあり得ない単語で終わっている。多分読んだ人はこの一言が頭に残る。持つ印象は「乱暴だ」と思う人もいるかも知れないし「一刀両断で面白い」と思う人もいるかも知れない。

 しかし小説の進行と舞台設定はなかなか斬新です。私が知らないだけでSNSを舞台にした小説は既にいっぱい出ていると思うが、その一つの代表となるのでしょう。小説の題名はルビンの壺が割れたです。確かに「割れた感じ」で小説は終わる。さっと読めます。

07:51
2017
10/19
Thu

ペース速すぎ ? ....ニューヨーク株

day by day

 (05:15)今朝起きてさすがにビックリ。手元の温度を見たら外気温が11度。昨日の夜にテレビが言っていたような気がしたが、それにしても実際に見ると「えっ」と思う。

 では日中はどうか、と見たら「上がって12度」と。降雨確率は東京は100%(ずっと)なので、今日は対策をして出ないとちょっと体調を崩してもおかしくない。気を付けよう。

 北海道の特に北の方は温度がゼロ度に接近しているところもあるそうで日本の気温は全般的に冷え込んでいるが、「相変わらず熱い」のはニューヨークのマーケット。昨夜寝る時にもうすでにかなり上がっていたので「どうした」と思って見たら、ダウは160.60ドルも大きく上げて、引けは21363.05となっている。

 S&P500も1.90上がって2561.26での引け。Nasdaqは0.56挙げて6624.22での引け。ダウの上げ率(0.70%)が他の指数の上げ率(S&Pは0.07% Nasdaqは0.01%)より大きいのは、指数を構成している銘柄の中に大きく上げた著名企業があったため。

 それはIBM。最近はIBMが決算を発表する度に同社株が下がる事が多かった(過去18度の同社四半期決算発表で、同社株が上げたのはたった3回だったそうな)が、昨日のニューヨークの場合は決算発表と同時にIBM株が急騰して、それがダウ指数の上げ幅を大きくした。

 同社が発表した四半期決算は一株当たり3.30ドルというもの。これはロイターなどの予想の3.28を上回った。クラウド、AIなどへの注力がようやく同社の業績にプラスになってきたとの見方。

 IBM株は18日のニューヨーク市場で実に9%も急騰した。これは2009年以来の大幅な上げだったようで、同社株はまだ「今年これまで」で見ると4%ほど下がっているそうだが、このIBM株の大幅上昇がダウ30種平均を大きく押し上げた。構成銘柄30しかないのだから、一社の9%にも及ぶ上げは指数全体のプラスに大きく働く。

 これで昨日ザラ場で一時23000を付けたニューヨークダウは、引けでも23000ドル台の史上最高値更新となった。22000を越えてからのここに到達する時間の短かったこと。iPhoneのチャートで見ると9月11日と読み取れるから一ヶ月ちょっとしかたっていない。当然「年末までには24000も」という声が出ている。IBM以外で上がった銘柄を見ると、「金利上昇が追い風」になると見られる金融株などが上がっている。例えばゴールドマン。

 日本の株も9月の末までは20000円に乗ったり落ちたりが長く続いたが、その後はずんずんと上がって昨日は21363.05円の引け。同じ20000台でもダウに数字で抜かれたのは企業業績の差でしょうが、ニューヨークダウが上がれば上がるほど、日本の株は相対的に割安とはなる。

 ま、ニューヨークの株がどこまで上げ続けるのか、という問題はありますが。

06:03

««前の10件  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»

twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード