日々のライブな情報ページ

2012
06/07
Thu

2012年06月07日(木曜日) フッ素と葉酸

day by day

(23:20)今週の取材などで驚いたことは、二つかな。

  1. アメリカの子供達に虫歯はない。なぜなら、アメリカでは虫歯予防効果のあるフッ素を必要分だけ水道水の中に入れているから
  2. 世界60カ国では、法制化や積極的推奨によって”葉酸”をパンやパスタの中に入れていて、それにより脳卒中や認知症などの患者を大きく減らしている
驚いた理由は、私がこの二つを知らなかったからです。ともに私が携わっている番組である「地球アステク」のロケの最中に知った。この回の番組は、7月の上旬のBSジャパン木曜午後10時の「地球アステク」で放送されます。

「アメリカには虫歯の子がいない」という女子栄養大学の香川先生の言葉には一瞬耳を疑った。でも本当らしい。ではなぜ日本もそうしないのか。「自然には手を加えない」が日本の役所の哲学だそうだ。しかし子供に虫歯がなくなることは、子供にも良いし、日本の医療費削減にも役立つと思う。

懸念は、そのフッ素がどこかにたまって、それが何らかの問題を惹起しないか。私は医者ではないので、その辺の議論の詳細は知らない。しかしアメリカは実施している。虫歯予防の水道水に入れられたフッ素によって、アメリカ人の体調が変になったという話も聞かない。としたら、検討の余地があると思う。

葉酸はビタミンMとも言うらしいが、日本でも「妊婦は通常の倍以上摂取するように」という厚生労働省の推奨はあるという。しかし、基本的な食品(パンとかコメとかパスタ)の中に入れられ、常に摂取していることが望ましいそうだ。妊娠してからでは遅い、と。

妊婦に葉酸が必要なのは、健全な胎児と幼児の生育には葉酸が非常に大きな役割を果たしていることが明らかだから。しかし”葉酸”の効果は高齢者にも大きいという。脳卒中を予防し、認知症の発症を減らす効果があることが多くの国で立証されているらしい。

だから世界60カ国が、国の制度や法制の中で国民に”葉酸”を摂取してもらう措置を執っている。私の母親もそうだったが、脳卒中は日本人にとって非常に身近で、それ故になんとか防がねばならない病い。”葉酸”がそれを防げるなら、もっと積極的に摂取する仕組みを作っても良いと思う。

ところで”葉酸”についてはこのサイトなどに詳しいのですが、要するに「ほうれん草を始めとする葉物野菜・果物」に入っているのですが、これを食べた鶏のレバーなどにも入っている。”葉酸摂取”は、まあ個人でもできる事です。

考えたら私は大の野菜好き。天ぷらも基本的には野菜天ぷらしか食べませんし、今は焼き野菜のサラダなどが好き。うーん、知らない間にちょっと”葉酸”に前向きだったかな。

23:25
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード