日々のライブな情報ページ

2008
06/14
Sat

2008年06月14日(土曜日) 頭の帰国準備

day by day

 (07:02)ははは、もっと早く気付けば良かったな。本当に情報がないんですよ。 珍しい。朝英語の新聞がホテルに届いていない。昼頃だと言うんです。ホテルの問題かも知れませんが。だから、通貨の切り下げや金利の引き上げも東京に調べてもらった。うーん、このサイトを知っていればもっと早かったかもしれない。

 このVietnam Newsという新聞のサイトは、今後もベトナム情勢を把握する上で役立つと思う。記事がどういう残り方をするか知りませんが、一応検索サイトもあるし。今日のこの新聞の記事で面白いと思ったものは

  1. 庶民のインフレへの懸念を共有していると大統領が言明したという記事
  2. 大発展する都市に対して、ベトナムの農村の窮状が深まっているという記事
  3. ホーチミン市の空気汚染の悪化が進んでいるという記事
  4. 20日間も下げ続けていたベトナムの株が反発したという記事

 などなど。最初の記事はベトナムに入ってからずっと聞かされてきた問題。5月は25%のインフレ。そりゃエンゲル係数の高い庶民を直撃しますよ。ストも起きる。朝を抜くベトナム人が増えたとも聞いた。

 都市近郊ですが、ベトナムの農村地帯にも行きました。ディープでした。「"There is still a big gap between urban and rural people in terms of literacy and school drop-outs."」という記事は本当なんでしょうね。

 ホーチミンもハノイも、空気汚染は本当に酷い。この記事には、ホーチミン市の場合、350万台のバイクと40万台の自動車の60%は排ガス基準(政府の)を満たしていない、と書いてあった。350万台 !。同市の人口は750万と聞きましたが。

 たった一日の新聞記事の中でもその国の大きな流れが分かる。12日の同紙には、ベトナム中部で砂漠化が進行中で、ベトナム国民8500万人のうち、2000万人が影響を受けている、という記事もあった。

 やっとこのサイトに気付いたと思ったら、日曜日の夜には帰国です。そろそろ頭の帰国準備をしないと。ははは、ベトナム一色でしたから。

06:50
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード