日々のライブな情報ページ
2019
01/03
Thu

「おがまる」次第で起動し、そして休む島....気付きの②

day by day

 小笠原には決して大部分の観光客には見せない顔があります。それは定期船の小笠原丸(おがまる)が父島の二見港を竹芝桟橋目指して出港して、また観光客を乗せて戻ってくるまでの数日間(2〜4日)。観光客はほぼ全員(フルに乗せて830人と聞きました)が「おがまる」で来て、そして一週間後の「おがまる」で帰る。なのでその「おがまる」が二見港に停泊していない父島は基本的には観光客ゼロです。二週間以上宿泊しているごく少数の人以外は。今回の場合は1月3日から数日間。私たちも3日に島を離れます。

 なので、島のレストラン(二見港の桟橋近くに集中しています)や観光業(各種ツアー、民宿、ペンションなどなど)は、「観光客がいない時が休み」となります。観光客ゼロなので。だから私は見られないが二見港の近くのレストラン街も、初めて3日の午後から「お正月休み」となって夜は灯りが落ち、真っ暗になるらしい。

 実際に「おがまる」で動く島時間故に、食事が付かないペンション宿泊の我々は、元旦でも外食先を選ぶことが出来た。でなかったら年末年始もやっている吉野家などなどのチェーン店やホテルがない小笠原では、観光客は正月三が日を越せない。食べられたのは「おがまる次第の島じかん・スケジュール」故です。ありがとう「おがまる時間」。だから島の人達と話していると、「今はおがまるが来ているから」という言葉が頻繁に聞かれる。「来ているか」「来ていないか」がとっても重要なのです。

 「おがまる」は観光客だけを運んでくるわけではない。物資も運んでくる。大量の。だから面白い事が起きる。我々が乗ってきた「おがまる」は30日の昼に二見港入港ですが、その直後に港近くの生協に入ったら鮮度が必要なものの棚、例えば内地からしか運んでこれない野菜などの棚は空っぽだった。しかし入港後2〜3時間で「おがまる」が運んできた物資が二見港近くの生協的なお店に並び始める。それを島で生活している人達も続々と買いに来る........という展開。なので島で生活する人にとって「おがまる入港」は大事なのです。(続)

04:31
2019
01/02
Wed

出産は日本本土(内地)で.........

day by day

 明けましてお目出とうございます。今年が皆様にとって、良い1年でありますように。

 昨年12月30日から小笠原諸島の中の父島(他に「母」「兄」「弟」「姪」「仲人」などいろいろある)に初めて来ていますが、丸3日ほどいて印象に残ったことをいくつか書きます。

 その第一は「この島では出産ができない」ということ。20年ほど前までは出来たそうです。もっとも危険度が高い第一子は駄目。第二子以降が可能だったらしい。産婆さんがいたので。しかし今は産婆さんがいないし、病院は診療所しかなく設備がない。

 妊婦さんは妊娠8ヶ月になる前に全員が内地(ここの人の言葉で日本本土)に行かねばならない。なぜなら丸24時間の航海時間がかかる小笠原丸(芝浦桟橋--小笠原父島二見港の定期船 ここの人達は「おがまる」と呼びます)に乗れなくなるため。多分長い航海時間からのルールでしょう。

 なので妊娠8ヶ月から最低出産一ヶ月後までのほぼ4ヶ月間は、一家が別々の生活になる。移住組(内地生まれで実家が日本本土にある人達)は大部分が奥さんを日本国内の奥様の実家に預け、そこを亭主が時々訪れるという生活になるらしい。問題なのは、小笠原の昔からの住民の方。内地にはあまり縁もないので「病院の近くなどにアパートなどを借りる」そうなのです。島の人々にとってもっとも縁のある都内の病院は広尾病院と聞きました。ヘリポートがある。これは大変なコストです。

 実家が日本内地にあるとしても大変です。たまたま31日のツアー(千尋岩=ハートロックへの島内南への旅 世界遺産の森の中を縦走します)のガイドをしてくれた須田さん(小笠原では島民全員があだ名で呼ばれていて、その人のそれは「すだち」でした)の奥様は、栃木の実家帰りでの出産待ちらしい。なので小笠原の人達にとって「出産」は大仕事になります。

 では子供を持つのが大変なので「子供は少ないか」というとそうではない。「環境としては子供を育てるのに良い環境」(住民の方々)とおっしゃって、子だくさんです。環境が良く、その後は育て易いらしい。父島には高校まである。小笠原の環境の良さに惚れて移ってくる方々は多いらしい。実際に旅の仕事に携わっている人の大部分は、私が会った限りでは移住組です。次回以降に書きますが「小笠原での生活には魅力がある」ということでしょう。

 次は圧倒的な住宅不足。なにせ絶海の孤島の火山島(一度も大陸とつながったことがない「海洋島」)で平地は少ない。直ぐには民間航空機が離着陸できる空港を簡単に作れない背景がある。小笠原村は戦前のピークである7400人は無理としても、今は3000人未満の島民の数を増やしたいらしい。しかしそもそも土地がない。二見港漁港の近くにある都営住宅のような住宅を増やしたいらしいが、それもなかなか進まないらしい。

 なので、小笠原丸で一回当たり運ばれてくる800人強は、民宿とかペンションとかに分散小規模宿泊となる。むろんそれは楽しいのですが、ホテルと呼ばれるような代物は一つもない。同じ北緯26〜27度の観光地としては沖縄本島がありますが、そことの違いは大きい。島のあり方については、実に様々な意見があるらしい。当然です。「空港が欲しい」という人もいれば、「そんなのは要らない」という人もいる。人口が増えて欲しいという人もいれば、「この程度で良い」という人もいる。

 いろいろなのですが、一つ言えるのは私たちにとっては「来てとっても良かった」ということです。その辺はまた書きます。(続)

 

 

 

 

03:08
2018
12/31
Mon

丸一日は船の中.........

day by day

 ネットに追われる日々から離れたい、たまに離れてみるのも良い........と思っている人には、とってもご推薦です。ほぼずっと「圏外」。ほぼほぼ丸一日24時間です。竹芝桟橋から小笠原諸島に向かう小笠原丸の中。WIFIはおろか、スマホの4Gも通じない。

 船中でスマホが通信できて情報を受発信できるのは、陸地(竹芝桟橋、八丈島などの航路沿線の島、それに小笠原諸島)に近いときだけ。そして恐らく営業中の船内レストランの中のみ(しかも陸地近くで増幅器を使っている)。夕食時は出来た。ラインもその他FBなどSNSも。しかし同じレストランに夜間に行ってみたら「圏外」だった。

 なので、日頃しないトランプやその他新しい紙媒体のゲームがゆっくり出来るし、何よりも本が読めます。もってきた二冊の本を直ぐに読み終わってしまった。帰りにまた本を買わないといけない。行きと同じ状況なので。

 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 初めて小笠原諸島に向かって都内移動しています。長時間かかります。飛行機が飛ばない。距離的にはサイパンと東京のほぼほぼ真ん中なので、飛行機が飛んでいたら2時間かからない筈。しかし小笠原諸島には観光客を乗せた飛行機が離着陸できる飛行場がない。作ろうという動きはあるようだ(写真)。

 だからこれまでも「行きたい」と思いながら「なかなか行けない都内」でした。東京都小笠原村。船内には「一週間帰れない.....ということは一週間リラックスできる」との船中の旅の宣伝文句が。確かに。小笠原旅行には一週間が必要です。その両端の二日は船の中。

 小笠原丸は船としては大きいので、それほど揺れない。しかし「動揺」(船の揺れを意味する海運用語)はあります。船の中では皆がちょっとした酔っ払いです。廊下を歩く時には、自分も、そして前の人がやや揺れている。

 いろいろなクラスの船室がある。二段ベッドが連なるお部屋もあるし、狭いビジネスクラス程度のお部屋も。その上のクラスもある。特別室と銘打って4部屋。自分達が入っているお部屋以外のことは知りませんが、お風呂も付いていてまずまず快適。

 しかし廊下やちょっとしたスペースには様々なグループが場所を占拠して、それほど騒がしくもなく「宴会状態」です。それもよし。船中売店もあるし、自動販売機もある。 いずれいせよ、人間が居住する日本の最も東の島。楽しみます。 

08:49
2018
12/04
Tue

こちらも聞いて面白いかと.......

day by day

 それにしても今日は暖かい。新幹線の中もポカポカです。

 ところで、私が月に一回やっている番組を紹介します。

http://www.radionikkei.jp/yonde/

 です。http://www.radionikkei.jp/roundup/ は既に実に多くの方に毎週聞いて頂いているのですが、

こちらの「日経新聞を読む」も凄く面白いと思います。私以外の出演者も面白い面子で、「聞く日経・日経解説」になっています。是非ご試聴下さい。直近の収録は昨日の夜でした。フジさんの番組を終えた後。面白い話題を二つ取り上げています。           (13:04)

13:00
2018
12/04
Tue

楽しみな岐阜羽島の講演

day by day

 「イビデン」さんの「イビ」とは何かと調べていました。新幹線の中で。ちょい疑問に思って。そしたら「揖斐川」のイビだった。

 岐阜羽島に向けて。実に久しぶりに「ひかり」で。でも使っている車両は「のぞみ」と一緒のN700Aなので充電も問題ないし快適。東京から岐阜羽島まで2時間弱。

 今日の午後の同社向け講演会のため移動。最近不動産関連の仕事が多かったのですが、今回はハイテクがらみで楽しみ。40代〜60代が300人方。「製造業に関する話」ということなので、ちょっと用意しました。

 相変わらずiPhoneを使っての講演。私はこれを始めてもう7〜8年になるが、まだ「珍しい」と言われる。そうかな。でも、実際にハイテクの企業に行くとこちらも勉強になる。いつもに増して楽しみです。

 気がつかない間に、私もきっとイビデンさんの製品・部品を使っている.........(12:53)

12:46
2018
11/25
Sun

米中首脳の会談が接近しましたが.......

day by day

 月末月初が迫っていますが、まだ「開催」も正式発表されていません。しかし開催されなかったらされないで、開催されたら成功か否かで今後の世界は大きく変わってくる。30日前後に予定されているブエノスアイレス(良い空気)でのトランプ・習近平会談です。  関連して、この週末に皆さんにぜひ聞いておいて欲しいポッドキャストがあります。http://www.radionikkei.jp/roundup/です。既に実に多くの方に聞いて頂いていますが、今回は特別です。ゲストは柯 隆 さん。東京財団政策研究所の主席研究員で、この番組ではいつも「中国問題に関して本音トーク」の方です。今回の柯 隆さんのトークは「面白い」を通り越している。政治的にも怪しくなってきた習近平の置かれた立場を理解し、米中トップ会談を予想するのに必須です。私もビックリする話が一杯。  それと合わせて、私が毎週月曜日に書いているhttps://arfaetha.jp/ycaster/news/pdf/20181119.pdfを読んで頂けると、今の中国とアメリカとの関係が一層明らかになると思います。           (2018.11.25 記 )

09:45
2018
11/10
Sat

このアクセサリーは.......使えません

day by day

 昨日だったかな、表参道のAppleショップに。iPhoneの充電ケーブルが「このアクセサリーは....使えません」と表示されるケースがまま増えたので。

 地下のアクセサリー売り場で2メートルと1メートルのケーブルを手にして、しかし店員の方にその旨話したら、「お客様はAppleCareに入っておられますか」と。「はい」と言ったら、その場合は「Careで処理される場合もございます」と。ナイス。

 それでも直ぐに欲しかったが、買い物客が並んで順番が遠い。なので「じゃまた来ます」と商品を彼女に手渡して、「今後使えなくなったケーブルをもって来よう」と再来を決意。

 充電アクセサリーの問題は、時と場合で違うからややこしい。しかし考えれば一部のケーブルはiPhoneが出てきた頃から使っている。もう何年たつんだ。「そりゃ劣化するよな」と思っていて、今一回でも「このアクセサリー.....」と出たケーブルは分類している。どうやら2本に集約される。

 でも「AppleCareで処理されます」と教えてくれた彼女には感謝だな。でも「時と場合」なので、Appleはどうやって「これはもうCareの対象」と判断するのか。それが分からないので、逆に楽しみでもある。(2018年11月10日)

10:16
2018
11/06
Tue

https化が完了しました....認証付きに

day by day

 ちょっと時間がかかりましたが、「http://arfaetha.jp/ycaster/」だった私のブログサイトのhttps化が完了しました。なので、新しいブログのURLは「https://arfaetha.jp/ycaster/」となります。

 「s」はsecures の「s」で、今後は「保護されていない通信」という警告が出なくなります。今後は「安全な通信」での私のブログをお楽しみ下さい。 (2018 年11月06日)

07:28
2018
10/01
Mon

お互い........気を付けよう

day by day

 最近あったレストランでの面白い話。ほんと、気を付けないと.......

 

 この週末。台風前の日曜日の霞ヶ関ビルのステーキハウス「ルース」で。着席して、飲み物を頼んだ。3人目が「コロナ」と頼んだ。私は「あの黄色いビール」と連想した。注文を取ったのは、多分中華系のインドネシア人。その他はペリエとジンジャエール。イントロですから。

 しばらくし、うち二つは正しい飲み物が来た。しかしなぜか「コーラ」が来た。「コロナ」の代わりに。「ああ.....」と私は思った。多分その海外から来たばかりと思えるその店の人は(かわいい女子だった)、「コロナ」を「コーラ」と聞き違えた。知らなかったので自分の知っている飲み物に当てはめたかどうか.....。

 注文の際にじっと見ていて、彼女「コロナ」と聞いた瞬間に顔がちょっと曇った感じがしたので、ちょっと心配だった。私が「ビールよ」と言ったが駄目だった。その後ビールも来た........

 

 聞いた話。とあるCoCo壱番屋で。メニューを決めた後に「辛さは?」とインド系の人に聞かれたあるお年寄りが、辛さの数字を知らなくて「ちゅうから」と頼んだ。その店の人はビックリする様子もなく「わかりました」と。

 出てきたカレーを一口食べて、そのご老人は飛び上がった。「なんでこんなに辛いんだ......」と。店の人が来て、「だってお客様は9辛とご注文.......」と。普通CoCo壱番屋の9辛は食べられない。

 「ちゅう」を「9」に聞き間違えた? 普通は「9はとっても辛いのですが.....」とコメントがあるが、なかった。注文をとった人には普通だった.......?

 

 日本人である私も一杯海外で失敗がある。最初は「水」(water)やブラッディ・マリー(日本語の発音では 英語はbloody Mary)を通じさせるのに苦労したし、その後もこの二つで苦労する日本人を一杯見てきた。気を付けないといけない。

 

 しかし気を付け過ぎてもいけない。ある日本人の政治家がアメリカの某大統領の当選直後にワシントンに行って、彼に「当選お目出度う」というつもりが、「r」と「l」に気を付けすぎて、「Congratulations for your erection」と言ってしまった。周りの人達は真っ青になったそうな。

11:45
2018
09/27
Thu

日米の金融政策...将来衝突しないかい ?

day by day

 今朝読んだ文章で一番面白かったのはFOMEの声明(https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20180926a.htm)とProjection (https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/files/fomcprojtabl20180926.pdf

)だな。iPhoneやwatchのアップデート(クロスしてややこしい)をこなしながら日経・野村さん向けの原稿を一本書いたのだが、とっても思考が広がって面白かった。

 なにせ短い。「In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 2 to 2-1/4 percent.」(政策金利を2.00〜2.25%に上げた)のあとの文章がない。いつもは「The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting strong labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.」とあるのに。

 ということは「もうアメリカの金融政策は緩和的ではありません」と言っているに等しい。これは「緩和縮小の完了」を意味する。緩和縮小(出口戦略)にも入れない日銀とのスタンス差はまた一段と大きくなった。資料もとっても面白い。インフレ(PCE inflation)の部分を見ると、中間値(Median)では2018年が2.1%、2019年が2.0%、2020年が2.1%、2021年が2.1%、そして「より長期(longer run)」が2.0と見事に2%に張り付いている。 

 (Change in real GDP)は今後低下を見る。2018年が3.1%、2019年が2.5%、2020年が2.0%、2021年が1.8%と先行き成長率の減速を予想。そして長期(longer run)」を見ると1.8%。つまりFRBの幹部達は「アメリカのGDPで見た成長率は、今後巡航速度(1.8%)に向けて下がっていく」と見ているのだ。

 今アメリカの指標10年債の利回りを見たら3.054%。むしろ下がっている。昨日より。そや「打ち止めの時期が見えた」となれば、長期金利には下方圧力が。ちょっと先ですが。今年はあと一回、来年は計3回の利上げを見込む。2020年は一回。2021年の利上げをFRBは見ていない。

 とどうなるか。今回の利上げで2.00〜2.25%になった政策金利(FF金利)は2020年のいつかの時点で3.25~3.50%に達する。そりゃ成長率が1.8%で、インフレ率が2%近傍な国には行きすぎでしょう。だからその頃からアメリカは「緩和局面」に入る。じゃ、そのころの日本は。金融政策は衝突しないかい ?

11:09


twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード