日々のライブな情報ページ

2009
01/19
Mon

2009年01月19日(月曜日) 地球アゴラ

day by day

 (15:48)ははは、タクシーに乗って到着してから運転手さんに、「じゃ、これはIDで払います」と言ったら、既に現金処理で動き出していた運転手さんが大パニックになってマニュアルかなにかを取り出してきたのにはびっくりしました。うーん、最初に乗ったときに言っておくべきだったと。

 見ていると、大部分のタクシーの運転手さんはエディーやスイカ、それにIDが使える場合でも、「何でお支払いになりますか」とは聞かない。ということは、まだ現金出払う人が多いのでしょう。運転手さん達は、到着した瞬間に普通は現金処理の手続きを始める。

地球アゴラの収録後のスタジオで  その段階で「あ、すみません、エディーで」とか「IDで」とか言うと、処理のやり直しに運転手さんは入る。ところが今日乗った運転手さんはまだ日が浅いらしくてその「やり直し」をマニュアルを見ながら始めた。現金処理をキャンセルしてやり直すのですが、それが分からないようなのです。急いでいないので、「運転手さんの勉強にもなるし」と思ってみていたら、3分くらいかかりましたかね。

 でいつも思っているのですが、日本のタクシーではまだ支払いを現金以外でする場合には事前に「エディーで」とか「スイカで」とか「IDで」と言っておかねばならないな、と。特に急いでいるときはそうです。

 ところで、初めて出た地球アゴラという番組はなかなか面白かった。アゴラ(agora)とは「代ギリシャの政治的な人民集会」「またはその場所」という意味で、JALの雑誌の名前にもなっていると思った。地球の五カ所(今回はアイスランド、デトロイト、ウラジオストック、スペイン)をネットのスカイプで結んで、基本的には世界の情報を集める、という方式。番組の最初にはワシントン在住の方も繋がっていた。動きはぎこちないが、そこがまたいい。

 今回私が呼ばれたのは、「アゴラー(各地にいる人)からのスタジオへの質問」というのを最初の試みとしてやったのだそうです。普段はスタジオから地球各地のアゴラーに質問することが主。逆方向もやってみたい、という意見があったそうだ。それで呼ばれた。そう言えば以前ちらりと見た時にはスタジオは二人だった。私も一緒にアゴラーに質問もしてなかなか面白かった。

 今週のワシントンを「人民集会、その場所」と言えるかどうか。ちょっと違う気もするのですが、それにしても最低200万人が集まり、ワシントンのパレード沿道に住んでいる人は自分の家や部屋を貸して10万、20万の小遣いを稼ぐ人までいるそうな。

 男性キャスターは川平慈英さんは、最初はテレ朝のニュース・ステーションで見掛けたのですが、今でも記憶に残っているのは銀座の博品館の上の階で見たダンス。これが素晴らしかった。番組の合間にその話をしたら「ありがとうございます。9年間で終わってしまいました」と。今は日生劇場で藤原紀香さんなどと舞台をやっているそうな。

15:09
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード