日々のライブな情報ページ

2014
07/12
Sat

奇策 ? 愚策 ?

day by day

 (05:40)起きたついでに、昨日久しぶりに東京ドームで阪神ー巨人を見たので、全体像はどうなっているのかなと思って、このページを見ているのですが、結構面白いことに気がつきますね。

 まず毎年試合消化が早い巨人が、今年は昨日の段階で75試合と全12球団の中でDeNAと並んで消化数が一番少ない。「へえ」という感じですね。普通はドームを持つチームの試合消化が進むのに。それでちょっと考えたのは、「地方での試合を増やした結果かな」という点。

なぜこうしたの? わからない。結果的に大失敗 次に目が行ったのは防御率。12球団の中ではオリックスが突出している。2.81と唯一の2点台。いいピッチャーがいますからね。金子、西など。他は全球団が3点以上。4点台のチームも三つほど。一番酷いのはヤクルトで4.97とほぼ5点台。毎試合平均5点取られたらまず勝ち星は伸びない。当然最下位です。

 昨日は阪神からホームランがぱかぱか出たので、そんなに打っているのかと思って見たら、so far のHR数は阪神は58。対して巨人は74で、ヤクルトと並んで最多。対して一番少ないのは中日と楽天の50本。この24本の差は大きいだろうと思って見ると、中日の得点は344で、阪神の350に肉薄。ジャイアンツの329より多い。中日はこつこつ打っている ?

 予想外に貧打なのはDeNAで、HRが57本、得点が286で、失点が369。同チームの得点286は12チーム一低い。唯一の200点台、つまり300点に達していない。破壊力を感じるのはソフトバンクかな。得点総数が371。失点が274。この成績でオリックスの得点320、失点252とせっているのは、オリックスが勝てる試合は投手力による接戦で勝っているからでしょう。

 それにしても、昨日kanbei君とその後輩の白鳥君に誘ってもらって3人で東京ドームで見た試合は笑えた。まだその後にスポーツニュースも新聞も見ていないので、「なぜ」が分からないのでそれを楽しみに調べようと思うのですが、突然巨人が「5人内野」をやった。確か4点を失った6回です。

 左打者が出てきたらレフトが内野に入った。グローブを代え。阪神はそこで西岡を出した。そしたらいったんほぼ定位置に野手を戻したあと、2ストライクになったところで、またしても「5人内野」にした。写真はその時のものです。

 当然センターの松本はレフトサイドにやや移動した。「西岡は外野フライを打てない」と判断したのか。そしたら西岡はセンターやや右側、通常ならセンターが問題なく取れるところにライナーを打った。誰も取れずに二人居たランナーはホームへ。

 3人で大笑い。「何があったの。明日の新聞で見なきゃ......」となった。これは球場にいることによる情報不足です。現場に居てラジオを聞いたり、テレビを見ていないので、実は何が起こっているのか不明。

 次は阿部選手が「暴力行為」で退場になった場面です。セカンドの一塁側の深いところのゴロ。セカンドは取ったあと球を握り直した。それで一塁に投げた。そりゃ阿部は足が遅いが、普通はセーフのタイミングです。

 我々3人も「セーフ」と思った。しかし塁審の笠原さんは「アウト」と宣告。3人とも「あれはセーフだよな」と話し合ったが、ビデオが見られないので「だよな」で終わった。阿部は小突いた程度かな。

 最後は、両チームの打ったヒットが「ひょっとしたら30本に」と期待した場面です。9回までに阪神は16本のヒットを打っていた。その時、つまり9回の裏に入るときに巨人は12本だった。「あと2本ジャイアンツがヒット打ったら両チーム合わせて30本」「こりゃ珍しい」「是非到達を」と願っていたのです。

 そしたら9回の裏に一本出た。誰かのHRだったかな。忘れましたが、つまり29本。「あと一本出ろ」と思っていたのです。しかし最後はゲッツーで試合終了。あーあ、両チームでヒット合計30本の試合がもうちょっとで見られたのに......

 これも3人の意見が一致したのですが、「試合を壊したのは大竹と亀井のバンド失敗」。それにしても阪神はよく打つ。阪神が勝ったので、巨人とのゲーム差は3.5に。まだ大きいが、「巨人独走か」と思われたセリーグのペナントレースも、ようやく面白くなりそう。

 それにしても今朝のテレビはちっともスポーツニュースをやらない。地震関連が圧倒的。で、まだ昨日の不思議二つは解明できず。やっと新聞がそろそろ来る時間ですが......

05:51
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード