日々のライブな情報ページ

2017
09/10
Sun

改めてですが...素晴らしい

day by day

 (20:31)あ、今思い出した。先日NHKの夜のニュース番組でインタビューを受けていたウサイン・ボルトが「日本人で10秒を切る選手はいつごろ出ますか」とアナウンサーに聞かれて、「2年以内...」と答えていたのを。

 それから一週間もたたない中での桐生選手の9.98秒。ナイスですね。「アフリカ系以外ではほとんど10秒を出した選手がいない」(朝日新聞)と言われる中での見事な10秒の壁突破。アフリカ系と言ってもそのほとんどは今はアメリカ大陸各地に住むアフリカ系。

 それに関連してキューバで聞いた話を思い出していました。キューバのツアーガイドの話です。「アフリカから奴隷になることを運命づけられてアメリカ大陸各地に連れてこられた人々の四分の一は、移送中の大西洋の船の中で病気・衰弱などで、さらに四分の一が農場での激しい使役で死亡した」と。

 つまり今アメリカ大陸各地に生きているアフリカ系の人々は強かった、そして生き残った祖先の子供達であるというわけです。だから彼等と会うと、総じてその体の大きな事、頑丈なことに驚く。それらの人々が今世界で主に10秒を切って走っているというわけです。

 そこに日本人の桐生君が加わった。今朝の新聞にも書いてあるが才能と努力と、そして1.8メートルという追い風に味方してもらって10秒切りが出来た。立派で、正式な、そして堂々たる10秒切りです。素晴らしい。ただ「コンスタントに10秒を切りたい」というのはどうかな。今後もいろいろあると思う。

 日曜日の新聞では「スマホ・車 どこでも充電」が、期待を込めて言うとですが「ナイス」な記事でした。今の車の一部にはセンターボックスに一部のスマホを置くだけで充電出来る機能が付いている。アップルはダメですが。

 それが早く統一され、メーカー関係なく「無線充電」が出来るようになれば良いとずっと思っていました。この機能とトヨタが開発している「全固体電池」が合体すれば、もう怖い物なしでしょう。早くそうなって欲しい。

 昨日の新聞の「東芝 止まらぬ人材流出」は「そうだろうな」と思いました。もう9月の半ばですよ。どうするんだろう。経営陣は。優秀な人材ほど素早く動く。そりゃそうでしょう。いくら愛社精神、忠誠心があっても経営陣が何も決めない、決められないでは堪忍袋の緒が切れる。

 刻々と期限は迫っているのに。従業員がその期限前に動いても、誰も責められない。

20:21
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード