日々のライブな情報ページ

2007
11/08
Thu

2007年11月08日(木曜日) 進むドル安

day by day
(00:18)昨日一番面白いと思ったニュースは、「世界で最も美しい資産家とされるスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンさん(27)が最近のドル下落を嫌がって、ヘアケア商品の広告出演契約をドルではなくユーロ建てにしてほしいと要求した」というもの。

 アメリカやイギリスのメディアが6日に報じている。この報道によると、ブンチェンさん(ブラジル人)は俳優のレオナルド・ディカプリオさんの元ガールフレンドで、米誌フォーブスによると、1年間の稼ぎは約3300万ドル(約38億円)に上るという。総資産が170億円に上る最もリッチなスーパーモデル。

 今回、アメリカの家庭用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)と広告契約を結んだが、相手がアメリカの企業でも下落が著しいアメリカ・ドルではなく、ユーロで契約料を受け取りたいと要求しているという。

 まあそうでしょうね。今見たら、ユーロ・ドルは既に1.47ドル台になっている。無論ユーロの対ドルの史上最高値。このところのチャートを見ると、ユーロが対ドルでほとんど一直線に上がっている。ドルで受け取るお金は、使わないでいるとみるみる目減りする。産油国が陥っているジレンマと同じです。だから例えばユーロ建てにしてみると、原油価格はそれほど上がっていない。弱い通貨のドルで表示するから、資源価格が上がって見えるという側面もある。原油の100ドル越えは近そうですね。

 円は今は113円台の前半ですが、京都から新幹線で戻ってくる間にちらっと見たら112円80銭近辺があったようです。つまり円は対ドルでは強い。ドルが今は最弱通貨になっている。円高は石油を含む資源価格の日本にとっての購入価格を引き下げる効果があるが、輸出には打撃になる。日本の株式市場の反応が気になるところで、実際水曜日の東京市場は朝方強かったのに午後は下落した。円高が響いている。

 今回のドル安はちょっと根が深いかもしれない。なにせ、アメリカ経済はサブプライム問題という根の深い問題に直面しているからで、円は金利が異常に低いという問題を抱えながらの対ドルでの上昇圧力、他の通貨に対する下方圧力という展開となっている。しばらく対ドルでの円高警戒モードだと思います。

 ところで、京都では毎年の同地経営者との懇談でした。大阪の企業はかなり本社を東京に移してしまったが、京都の企業はしっかり残っている。少しの時間でしたが、いろいろな企業の方と話が出来るのは勉強になる。高台寺はライトアップを開始したそうですが、紅葉はまだ。まあでも12月を待つほどでもないらしい。こちらは日程の選択が難しい。

00:36
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード