日々のライブな情報ページ

2008
05/24
Sat

2008年05月24日(土曜日) イチローの悩み?

day by day
 (10:29)マリナーズ対ヤンキースの試合を見ながら、「去年イチローが下したマリナーズ残留の決定はやはり間違いだったのではないか」と考えていました。やはり優勝が欲しかったら、イチローはどこかのチームに移るべきだった、と。

 私もそうだったし、専門家を含めて多くの人もそうだったと思うのですが、去年契約の更改期を迎えたイチローの去就については「移籍」を予想しました。既にイチローが欲するものは、「MLB優勝(アメリカではワールド・チャンピオンと言う)」しかなかったからです。去年イチローはランニング・ホームランを打つなどしてMLBオールスターズでもMVPを獲得するなど、安打(連続)記録を含めて「他のことはすべてゲットした」という状況だった。その前はWBCでも優勝した。で私も考えたのですが、「優勝」が欲しかったらマリナーズから他のチームに移るべきだ、と。

 しかしイチローが下した結論は、「残留」でした。表面的な彼の説明は「(去年はプレーオフにあと出られる状態だったことから)このチームでも(優勝を)狙えそうだから」というものだった。ただしその後の彼の発言を聞くと、最後の結論は「(このチームは)俺がいなければだめっしょ」というものだった。

 しかし今日の対ヤンキースでの試合結果で5月は「5勝16敗」となるであろう試合、、それも無惨なマリナーズの負け方(今現在2対13)の試合を見ながら筆者が考えたのは、「マリナーズはイチローがいてもダメ」なのではないか、というものでした。

 マリナーズは2~3年前に大きな補強もしている。にも関わらず、マリナーズの選手には「戦う」という意志が見えない。今日の試合もイチローが激高したが故に監督が出てきて退場になった。もう終わったような監督を雇い入れるのがこのチームのここ数年の傾向です。前の監督など、「もう情熱ががなくなった」と言って辞めた。オリックスのコリンズの言い方とそっくりでした。

 選手も味が抜けたような人々が多い。セクソンを見ると、当たるようには思えない。ベルトレイも他のチームでは違うプレーが出来る選手に見える。覇気を感じないのである。イチローは今のチームの不振に関して、「選手が悪い」と言っている。彼の気持ちの中にあるのは「自分を含めて」ということでしょうが、より他の選手に対する批判が大きいことは当然でしょう。こうした発言が、いつかのようにイチローを浮かしてしまう。

 ま、本当の原因はオーガナイゼーションでしょう。もしかしたら、北米の西部にあるチームはここだけという慢心から、また優勝するにはコストがかかるという認識から、以前の日本のどこかのチームのように、「ほどほどで良い」と考えている可能性もある。考えていなくても、そう見えてしまう。それでは、イチローの「優勝したい」という夢は叶わない。

 これだけ弱いと、可能性としては選手にも地域にも、そしてオーガナイゼーションとしても、「このままじゃいかん」という認識が生まれるかも知れない。マリナーズは伝統的に、育った選手を高く売ってきた。A-ロッドもそうです。しかし優勝するためには、バランスを崩さないように逆に良い選手を育てるか、獲得しなければならない。

 NHKBS1がセンターで守っているイチローを映す度に、「彼は今何を考えているのだろう」と考えてしまった。

10:30
twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード