日々のライブな情報ページ

2018
10/01
Mon

お互い........気を付けよう

day by day

 最近あったレストランでの面白い話。ほんと、気を付けないと.......

 

 この週末。台風前の日曜日の霞ヶ関ビルのステーキハウス「ルース」で。着席して、飲み物を頼んだ。3人目が「コロナ」と頼んだ。私は「あの黄色いビール」と連想した。注文を取ったのは、多分中華系のインドネシア人。その他はペリエとジンジャエール。イントロですから。

 しばらくし、うち二つは正しい飲み物が来た。しかしなぜか「コーラ」が来た。「コロナ」の代わりに。「ああ.....」と私は思った。多分その海外から来たばかりと思えるその店の人は(かわいい女子だった)、「コロナ」を「コーラ」と聞き違えた。知らなかったので自分の知っている飲み物に当てはめたかどうか.....。

 注文の際にじっと見ていて、彼女「コロナ」と聞いた瞬間に顔がちょっと曇った感じがしたので、ちょっと心配だった。私が「ビールよ」と言ったが駄目だった。その後ビールも来た........

 

 聞いた話。とあるCoCo壱番屋で。メニューを決めた後に「辛さは?」とインド系の人に聞かれたあるお年寄りが、辛さの数字を知らなくて「ちゅうから」と頼んだ。その店の人はビックリする様子もなく「わかりました」と。

 出てきたカレーを一口食べて、そのご老人は飛び上がった。「なんでこんなに辛いんだ......」と。店の人が来て、「だってお客様は9辛とご注文.......」と。普通CoCo壱番屋の9辛は食べられない。

 「ちゅう」を「9」に聞き間違えた? 普通は「9はとっても辛いのですが.....」とコメントがあるが、なかった。注文をとった人には普通だった.......?

 

 日本人である私も一杯海外で失敗がある。最初は「水」(water)やブラッディ・マリー(日本語の発音では 英語はbloody Mary)を通じさせるのに苦労したし、その後もこの二つで苦労する日本人を一杯見てきた。気を付けないといけない。

 

 しかし気を付け過ぎてもいけない。ある日本人の政治家がアメリカの某大統領の当選直後にワシントンに行って、彼に「当選お目出度う」というつもりが、「r」と「l」に気を付けすぎて、「Congratulations for your erection」と言ってしまった。周りの人達は真っ青になったそうな。

11:45
2018
09/27
Thu

日米の金融政策...将来衝突しないかい ?

day by day

 今朝読んだ文章で一番面白かったのはFOMEの声明(https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20180926a.htm)とProjection (https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/files/fomcprojtabl20180926.pdf

)だな。iPhoneやwatchのアップデート(クロスしてややこしい)をこなしながら日経・野村さん向けの原稿を一本書いたのだが、とっても思考が広がって面白かった。

 なにせ短い。「In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 2 to 2-1/4 percent.」(政策金利を2.00〜2.25%に上げた)のあとの文章がない。いつもは「The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting strong labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.」とあるのに。

 ということは「もうアメリカの金融政策は緩和的ではありません」と言っているに等しい。これは「緩和縮小の完了」を意味する。緩和縮小(出口戦略)にも入れない日銀とのスタンス差はまた一段と大きくなった。資料もとっても面白い。インフレ(PCE inflation)の部分を見ると、中間値(Median)では2018年が2.1%、2019年が2.0%、2020年が2.1%、2021年が2.1%、そして「より長期(longer run)」が2.0と見事に2%に張り付いている。 

 (Change in real GDP)は今後低下を見る。2018年が3.1%、2019年が2.5%、2020年が2.0%、2021年が1.8%と先行き成長率の減速を予想。そして長期(longer run)」を見ると1.8%。つまりFRBの幹部達は「アメリカのGDPで見た成長率は、今後巡航速度(1.8%)に向けて下がっていく」と見ているのだ。

 今アメリカの指標10年債の利回りを見たら3.054%。むしろ下がっている。昨日より。そや「打ち止めの時期が見えた」となれば、長期金利には下方圧力が。ちょっと先ですが。今年はあと一回、来年は計3回の利上げを見込む。2020年は一回。2021年の利上げをFRBは見ていない。

 とどうなるか。今回の利上げで2.00〜2.25%になった政策金利(FF金利)は2020年のいつかの時点で3.25~3.50%に達する。そりゃ成長率が1.8%で、インフレ率が2%近傍な国には行きすぎでしょう。だからその頃からアメリカは「緩和局面」に入る。じゃ、そのころの日本は。金融政策は衝突しないかい ?

11:09
2018
09/23
Sun

分かった.....オッタントットだ

day by day

 先日この文章(https://www.facebook.com/notes/伊藤-洋一のファンページ/マーブルトレの彼/2041898749183176/)を書きました。私がかつて良く行っていた大坂平野町のイタリアン・レストラン「マーブルトレ」を懐かしむ文章ですが、その中で「あのシェフは ?」とご存じの方にお聞きしていた。

 その後様々な方から情報を頂いて、「ここしかない」という店に到達しました。それは今は北区天神橋3にある『オッタントット』です。シェフは井川さん。そうだそうだ。住所は「大阪府大阪市北区天神橋3丁目7−13ブラーヴォ扇町1F」とあって、扇町なので関テレに近い筈。電話番号は「06-6353-6663」。

 HPはなさそうで、ホットペパーだと「https://www.hotpepper.jp/strJ001126302/」。オッタントットとはイタリア語で「88」を意味する。あれ、関テレの近くだから「88」。知りません。しかし調べると「オッタントット」という名前の店は東京にもあるし、全国津々浦々ある。

 今度大阪に行ったときにはこの店だな。楽しみ。

02:26
2018
09/20
Thu

ええね、松山

day by day

 最近は出張が多い。ニューヨークから帰ってきた後2週連続して関西で講演を3回行った後、今週は昨日まで二日間愛媛(今治、松山)でした。講演には毎回聞きに来てくれる方が居て、こちらから見るとそれぞれに集まってこられる方々には特徴がある。八尾の大口顧客の方々、京都のベンチャー系の新興企業の経営者の方々との会合は興味深かった。  

 今週の愛媛の講演は、私がずっと好きだった船主さんたちとの会合。もう20年も前からこれらの方々、そのお父様方との会合を重ねていて、顔見知りが多いという意味でも楽しいものでした。船主は皆さん数隻から数十隻の船を運行して、それによって事業を立てている。バルク船だったり、特殊目的船だったり。

 事業はかなりの部分借り入れを立てていて、それを運賃収入で返済しながら収益を出すパターン。何が重要かというと、借り入れの金利の見通し、運賃がドル建て故にドル相場の行方、そして船貨の動きです。この三つについて彼等の関心は強い。私の話のポイントはこの三点でした。

 私が「しまなみ海道」沿い(今治、松山、尾道などなど)が好きなのは、独立業者が多いからです。昔から海運が盛んな場所。村上とか越智とか塩飽とか。かつては海賊だったのではとも呼ばれる方々が多いのも特徴ですが、私に言わせれば潮の変化の激しい瀬戸内海で通常においては「水先案内人」であり、「それに関わる指導料」を取っていた人達です。彼等はいずれにせよ必要だった。

 その流れの中で「リスクを取る」が普通になった。その末裔達が海に関わる事業を行っている。独立心が強く、自分でリスクを取れる。ナイスです。私が瀬戸内海回りが好きな理由です。今回も様々な船首の方から面白い話をいろいろ聞いた。面白かった。

 松山は飯もうまい。今回ご一緒したのは旅行関係の会社に勤める平田さんでしたが、私の「カウンターが好き」という我が儘を聞いてくれて、ホテルの近くの店で。魚中心だが、何でも調理してくれた。狭いが面白い店で、何でも美味しかった。また行きたい。  道後の温泉にも行きました。この温泉は来年の1月から長い(7年を要するそうな)修復・修繕に入る。最初は全館閉鎖を考えてちんちん電車の最終駅から道後温泉の間に仮の温泉(https://dogo.jp/onsen/asuka 飛鳥乃湯泉)を作ったそうな。しかし観光客がそれでは満足しないということで、道後温泉本館を稼働させながら、長い時間をかけて修復する方針に転換したそうな。

 毎度の事ですが、ホテル前から朝6時過ぎに道後温泉に。湯質だったら「鷹ノ子」だが、朝からあいにくの雨で鷹ノ子に行く気がしなかったので道後温泉の一階に入った。おじいちゃん達の野球談義を聞きたくて。ははは。おじいちゃん達は居たが、今朝は野球談義はなかったな。もうちょっと早い時間が良かったかも。

 松山は昔は危険な箇所もあったが、今はとっても安全です。夜中に街をチェックして歩いたのですが、大街道の大きな商店街には午前様でも大勢の若者が集っていた。松山から今治に行く途中にはなかなか厳しいエリアもあったが、肝心の二つの都市は元気が良かった。ちょっと救われた。

 四国は高知も徳島も、そして香川も面白い。年内にまた四国に行きたい。

16:22
2018
08/15
Wed

森の中のレストラン......都心の

day by day

  (11:10)まるで軽井沢か山梨の山間のレストランで食事をしているみたい........<P>  最近、とっても良い新しいレストランを発見しました。アメリカ大使館の直ぐ隣に出来た赤坂インターシティAIRのアメリカ大使館サイド。ビルの一階、つまり地上階にDEAN & DELUCAがやっているTHE ARTISAN TABLEというレストランがある。

 あることは知っていたが、今まで植栽豊富で外からはあまりよく見えなかったので、いつも通る割には入ったことがなかった。建設途上の時から思っていたのですが、このビルは植栽が凄い。

 それで一度何かに「このビルの植栽は凄い」と書いたのですが、この文章を書くに当たってビルのサイトを見たら「平成30年の都市景観大賞(優秀賞)」をとったとある。納得。

 THE ARTISAN TABLEはその植栽に隠れるように、ある意味守られるように「森の中のレストラン」の雰囲気を持って存在している。

 昼だったので一階で食事をしたのですが(二階はコース料理と聞いた)、窓から見える景色のほとんどが「木立」で、「軽井沢か山梨で食事をしている感じ」と話していました。白樺に似た木も配されている。

 DEAN & DELUCAがやっているのでニューヨークスタイルではあるが、味もしっかりしている。行ったのは週末だったせいかメニューが少なめだったが、とっても美味しかった。もうちょっとサラダのメニューを増やすと良いと思う。あの周辺で働いている方も多いと思うので、機会があったら足を運んで下さい。

 あと、名前は記さないが、近くの有名ホテルのお客さんも多いのでは。あのホテルの周囲は、あまり良いレストランがない。ホテル飯に飽きたら、ちょっと坂を下って溜池方向に歩けば直ぐです。

 お客さんは女性が大部分だった。理解できる。都心にいながら「森の中での食事」が楽しめし、運営DEAN & DELUCAということもあるかもしれない。多分植栽や緑を楽しもうと思ったら「昼の一階」がいいと思う。楽しんで下さい。

12:33
2018
08/14
Tue

行ったら....店がなかった

day by day

  (23:10)いえね、予想はしていましたよ。いつ行っても人が少なかった。一番のくらいに良い場所を占めていたのに。「そろそろ」とも思っていたが、私が用事を済ませてからにして欲しかった。

 何の話かというと、伊勢丹新宿にあったアップルウォッチの店です。最初はウォッチ専用の店としてオープン。だから珍しかった。伊勢丹の前のトップの肝いりとも聞いた。しかし最初から「ちょっと無理だな」と思っていました。伊勢丹の客層にアップルウォッチを初期から分かっている人は少なかった。

 私は最初から「面白い」と思って行きました。伊勢丹は年間購入額に従って翌年の割引率が決まる。アップルの製品は割引はされなかったが、当該顧客の購入総額には入った。それもあるし、新しい試みだと思ったので。

 しかしいかんせんお客が少なかった。伊勢丹新宿は都内のデパートの中では客が多い方だが、あの一階の一角はいつも客が少なかった。なので逆に直ぐ相談できたし、直ぐに買えた。

 一年くらいしたらiPhoneも売り出した。「売り上げを伸ばして」というデパートサイドの要望に応えたのだと思う。しかしそれでもあまり客は増えなかった。直ぐ道を挟んでビックロもありますから。

 何を買いに行ったかというと、アップルウォッチのベルト。ちょっと古くなったので、洗うわけにもいかないし、2~3000円のものなので、この際切り替えようと思って。しかし店がなかった。しょうがないので明日銀座かどこかに行きます。

23:05
2018
08/11
Sat

楽しかったな.......ボーリング大会

day by day

  (15:10)実に久しぶりでした。ボーリング。投げる。最初は遅れて駆けつけたこともあって、ちょっと不調。しかしその後はやや調子が戻った感じ。

実に久しぶり TBSの森本毅郎スタンバイの夏季懇親会としてのボーリング大会。プリンスのタワーの地下2階にボーリングセンターがあるのです。プリンスは品川もそうだが、ボーリング施設を作るのが好き。そこの4レーンを借り切って。

 チーム戦あり、個人戦あり。我がチームは森本さん、私、水口さん、金堂さんなどなど6人。各チームに私以外のコメンテーターが入って4チーム。一人2ゲーム投げる形。その合計点での競争。

 いや、ボールが.......。自分に合っているのを探すのが結構大変。遅れていったので、えいやと適当なのを選んで。我がチームは水口氏がターキーを投げる活躍で見事1位。食事券ゲット。我がチームもそんなに良い合計ではなかったが、他のチームが不調だった ?

新人の二人と その後は上の階の陽明殿で中華のちょっとした宴会。楽しかったな。入ってきた新人女子2人、職場を変える人1人。スタンバイは森本さん、遠藤さんを中心とした、昔からのチーム番組なので、皆言いたいことを言い、楽しい会でした。

 個人戦は3位かな。水口君が断トツの1位。2位は毎週金曜日に顔を合わせるヒロエさん。彼女は昨日は乗っていた。私は3位かな。第2ゲームでやっとリベンジ。私を金曜日の放送前後に挑発してきた西坂、大信、佐藤の若手3人をそろって粉砕してやった。「挑戦はいつでも受けるよ.........」と言っておいた。ははは。

14:59
2018
08/09
Thu

アナザーストーリーズ

day by day

  (10:10)昨日の夕方から今朝までは、あまりにもテレビとラジオの警告が強かったので、今まで目を通せなかった記事や録画ビデオの目通しをしていたのですが、新聞記事では水曜日の日経朝刊の「黒田緩和 修正」(私の診断)が面白かったな。

 私も今回の日銀の政策決定会合に関しては2週にわたって大きく取り上げた(30日6日分)ので、いろいろな思いがある。長く書いている時間はないが、木内さんの意見に賛成だな。

 「題目とは全く逆」とかは「そうだ」と思う。結局は日銀はフォワードガイダンス的志向はお題目で、マーケット反応的には「出口」を意識している、と考える。黒田さんは好きだが、逆に信頼感が落ちないかと心配。

 ビデオはNHKのアナザーストーリーズばかりを4本くらい見ました。ガガーリンの回が一番面白かった。ガガーリンを宇宙に送った科学者がいて、娘さんが「お父さんはノーベル賞をもらうチャンスを2回逃した」と言っていたのが面白かった。

 そりゃ当時のソ連にとっては、最大・最高の国家秘密。なぜアメリカより素早く人間を宇宙に送れたのか。その指揮を執った科学者を外には出さなかった。彼は静かに歴史に埋もれた。

 他の回も面白かった。急いで目を通した面もあったので、あとでまた気にいった回は見直そうと。

10:21
2018
08/08
Wed

縦型、7ドルのフィジー紙幣

day by day

  (08:10)雨ですね。朝から雨なのは実に久しぶりな気が。列車に乗っています。あずさ。小さい頃お世話になったオジさんの体調が悪く、入院しているので、そのお見舞いに。

雨、雨、雨..... 台風13号とかで今日の昼の外遊びがキャンセルになったので、「これはレアチャンス」と。諏訪に行くのは久しぶりですが、夕方から夜にかけては東京も荒れそうなので、それまでには帰還の予定。

 昨日は海外経験が豊富な小林、塚本両君と久しぶりの「おけい寿司」。おっかない親父と変わり寿司で有名な店なのだが、かなり前からその親父さんは隣に「わしの領域」を作って、これまでの店には顔を出さない。

 瀬谷ちゃんという昔からの顔なじみがいたので、「今回も彼に会える」と思って行ったら辞めていた。何があったか知らないが、ちょい寂しい。代わりに岡田君という握り手が寿司などなどを作っていた。

 私を含めて3人の中では一番訪れた国・首都の数が多い小林君から、またまた希少な紙幣を頂いた。以前から彼にはレア紙幣を貰っている。今回もらったのはフィジーの7ドル紙幣とアルヘンチナのエビタ紙幣。

 最近日本でも何かあると「don't cry for me」が流れるので、彼女の横顔を見て「あっ」と思った。ミュージカル「エビタ」は近く渋谷のオーブでやるんじゃなかったかな。と思ったら終わっていた。残念。

 ロンドンとニューヨークで見たが、ロンドンのそれの方が良かった記憶がある。また日本にも来るでしょう。そしたら見よう。面白かったのはフィジーの7ドル紙幣です。なにせ縦。記憶にないな、縦型紙幣。

 まじまじと見ながら、「ボールを抱えて走るラグビー選手」を際立たせたかったのだろう」と推察。知りませんよ。私の回りにはフィジーの人はいない。

 FBにアップしたら、「縦紙幣というのもそうだが、7という数字が面白い」という意見もあった。確かに。普通は1、5、10.....かな。紙幣は。コインはいろいろある。この二つ、大事にします。

 その後3人で歩いていった青三先西麻布方向の「無垢」も久しぶりに良かった。いつも美味しい酒を飲ませてくれる。

08:23
2018
08/05
Sun

あまり見えないが......膨らむ中古品市場

day by day

  (23:10)この週末に読んだ一番面白い記事は「膨らむ中古市場、周辺産業潤す 物価は下押し?」かな。『今後も伸びが続くとみる。その根拠の一つが家庭で眠っている「不用品」の存在だ。』まで読むと、「その通り」と思わざるを得ない。

 この記事の第二パラグラフは『「こんな物まで売れるの?」。都内に住む会社員女性(35)は驚いた。』で始まる。なかなかうまい書き出しだが、それが何かというと「1度だけ着たワンピースなど」とある。

 私の意識がやや古いのか、一度買ったものはなかなか家族や親しい人以外の他人には渡さない。「かえって迷惑になるのでは」と思うこともあるし、「軽率買いがばれてみっともない」という気分もある。

 しかし今はメルカリなど「中古品の売買」を大きな仕組みにしたシステムがあって、それらが「第二の物流」経路を形成しているようだ。何かと「メルカリで手に入れた」との書き込みをSNSで見付ける。

 「家庭で眠っている不用品」は他の人に負けず劣らず一杯有る。我が家の場合も。「いつか整理」と思っていても、その時間もない。「そのうち使うだろう」と思っているが、一番まずいと思うのは「買ったことを忘れること」。これはさすがにまだ少ない。

 最近はなるべく「自分は何をどのくらい持っているか」をチェックする。以前長嶋一茂さんが面白い事を言っていた。「テレビなどに出る衣装などは、自分がもっているものを床か何かにずらっと並べおいて、その中から選ぶ」と。

 確かに。組み合わせの妙はそれで出る。何でもそうだが、「自分が何を持っているか」を明確にしておかないと、選びようがない。なので、「自分が持っているもの」を「明確に記憶出来る範囲に収める」必要がある。しかし衣類でもそれができているとは言い切れない。

 この記事の最後が「物価は下押し?」なのは面白い。多分「?」をとっても良いと思う。衣類などニューが売れなくなっている実体はあるが、街を歩いている人を見ると着ているものは本当に多種多様だ。多分、調達ルートは多様化している。

 新規売りだしのモノよりも中古は明らかに値段は低い。その流通量が増えている、ということは物価には「下方圧力」だろう。ということは、お店も大変なんだ.........。

23:11

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»

twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード