日々のライブな情報ページ

2017
10/14
Sat

メチャ面白かった......テロ対策特殊装備展

day by day

 (09:15)説明を一瞬聞いて、「そりゃそうだよな。"顔認証" "顔認証"とこれだけ騒いだら、顔認証を拒絶は出来ないのか、認証されるのは嫌だ.....と考える人、ニーズは出てくるな」と思いました。

 「顔認証」は今年の11月に発表・発売されるiPhoneのX(テン)で採用されることになって俄然注目されているが、実は既にいろいろなところで使われていると考えられている。我々が道路を歩いていてもそうだし、モール、デパートなどに入るときも実は「どのくらいのお客さんか」と使われている可能性がある。

2000万ですって 「そんなの嫌だ」と思う人は当然いるわけです。顔認証されない顔をどう、何で作るのかは一つのテーマになり得る。で写真のような眼鏡が考案され、改良(右から左)が重ねられている、と。この写真の特殊用途眼鏡は鯖江の会社さんの作品。初期が右、左に行くに従って「実際に使える」タイプになっていく。

 お話を聞くと、人間の顔は一番は目周りで認識されるらしい。システムには。なので、目周りを機械で認識できないようにすると(写真の中のテレビ画面のように)、実質的に顔認証が出来ないということになる。ただのサングラスじゃダメみたいですね。

 でも一番右では露骨でしょう。徐々に普通のサングラスに近い形になっている。「まずこういう製品があるということを知ってもらうことが必要です」と説明員の方。そりゃそうだ。記憶にとどめておきたいテクノロジーだ。

結構広い、この左側に分別されたトイレが 実は昨日のお台場には、私にとって面白いテクノロジーが満載でした。朝の放送が終わった後、ochiちゃん(自分がコンピューターのリスク管理しているから、他の方法も知りたいと)に誘われて行ったのです。おもろかった。今書いた鯖江の眼鏡も面白かったが、危機管理産業展2017テロ対策特殊装備展'17なんて身を乗り出すほど面白かった。

 なんたってこの展覧会には公安調査庁とか内閣情報調査室とかとか、通常の展覧会ではブースを出していないところも小ぶりでしたが、出展、資料提供していた。私も少しもらってきたので、あとで読んでみようと思う。

 面白かったのはネットランチャーかな。犯人にネットを撃ちかける装置。そのネットの糸が細いのだが、とっても強いのだそうだ。あと防災シェルターも実物があって面白かった。

 中にはトイレもあり、8人分の椅子もあって、床下には食料とか水とか。けっけう大きかった。写真の通り津波で流されてもだるまさんのように水にきちんと正しい姿勢で浮くらしい。「おいくら」と聞いたら、2000万円程度で。お金もそうですが、一番の問題は置く場所かな。

 あとは電波傍受システムなどなど、興味深いものが一杯。ネットランチャーは学校とか警察に結構売れているようで、「確かに家に一つ、車の中に一つ入れておいても......」と思いましたが、まあ使わないでしょうね。

 接近してきたドローンを機種、敵性などを判断して、それを無力化し、こちらサイドのコントロール下に置くシステムも面白かったな。最近空港などにドローンが侵入したりして問題になっているじゃないですか。それを正に無力化し、こちらのコントロール下に置けば、脅威、危険はかなり削減できる。


ネットランチャー


いろいろな資料を頂きました
09:33
2017
10/13
Fri

なんか寂しい

day by day

 (10:15)なんか寂しい。あまりにも親しみのある企業の名前が次々に登場して。

 日産、神戸製鋼、そして商工中金。業種にして見れば「自動車、鉄鋼、金融」ですからね。むろんそれぞれの業界には、これら3社以外の企業も多く、多くは問題なくうまく経営されている。

 しかし3社はそれぞれトップではないが、各業界において存在感のある会社です。それらの企業で不祥事が起きている。私は「寂しい」が実感だな。会社ぐるみもあるし。日本の企業に「そんなはずがない」とも思っていた。

 何でしょうね。ノルマ ? 納期の達成 ? それぞれのケースでそれぞれの理由があると思う。コスト削減 ? しかし問題が起きた瞬間に、各企業は存在そのものを問われる。

 企業内論理もあるだろうし、時にそれも必要だが、社会的に見て「どうなのか」はいつもチェックする必要がある気がする。最近の不祥事続発にそう思う。

10:49
2017
10/12
Thu

慶賀、地区シリーズ突破

day by day

 (23:15)ああ、やっと分かった。今日の日中ずっと不思議だったのは、出足とても好調だったサバシアがなぜ4回と1/3で降板して、勝ち投手の権利がロバートソンに付いているかだった。予定が立て込んでいてずっと見れていなかったので。

 5回に4連打されて2点とられたんですね。サバシアが。でロバートソンが2回しか投げていないのに勝ち投手。前田に勝ちが付いたのと同じ状況。ちょっと予想外のヤンキースの粘り、地区シリーズ突破。ナイス。

 マー君がシャンパンファイトで「初めて貢献できた」と言っているが、その通りだと思う。今シーズンは彼にとっても「うまくいかないな」という試合、登板が多かったでしょうから。

 一つ言えるのはヤンキースをエナジャイズしたのは、第三戦の田中の好投です。行き詰まるような試合での、覚悟溢れる。彼としては満足でしょう。そして達成感が高いと思う。インディアンズはミスが多かった。フランコーナ監督も言っていた。

 次はリーグ優勝をかけてヒューストンとですか。ヤンキースは。強いですよ、アストロズは。田中はいつ登板するのか。第二戦か。ニューヨーク対ヒューストンの試合は13日から始まるらしい。MLBのポストシーズンは予定が詰まっている。

 昨日の夜10時過ぎからマスコミ各社が直近世論調査結果を出はじめている。昨日は確か朝日、読売、そして日経かな。今日は確か共同。結果がとっても似ているので「本当か?」と思ってしまうが、ほぼ予想通りでしょうか。

 しかし逆に予想が傾いているが故に、結果が動くこともある。色々なことが起きているので、まだまだ見守るという状況でしょうか。しかし時間の経過が明らかにする事がある。これから10日ほどの時間の経過がどの政党に有利に働くのか。

23:47
2017
10/11
Wed

音楽ライブラリーって.......

day by day

 (06:15)相変わらず時間が出来たらグーグル・ホームをいろいろ試しているのですが、その中で思うのは「ライブラリーとは何か ?」という思いです。

 ここで言う「ライブラリー」は、具体的には自分の音楽ライブラリーです。しょうがないので Google の Play music に三ヶ月無料のトライアルベースで入って、それをグーグルサイドが認識してくれたので、昨日から歌手やグループの名前を言うと「Play music から....」と反応するようになり、その膨大なライブラリーから音楽を送ってくれるようになった。

 自分の音楽ライブラリーだとランダムを選ばない限り「この曲の次はこの曲」と分かっているじゃないですか。だって自分が持っているCDやitunesライブラリーの曲順は覚えていますから。

 しかしPlay music から音楽をやらせると、ある意味「順不動」です。何から演奏し始めるか分からない。思わぬ曲から入ってくるし、同じ歌手・グループを挙げても、演奏順番は毎回違う。

 物理的なCDや、もっと昔のLPに関してもそうですし、itunes などに関しても「自分のライブラリー」には限界がある。しかしPlay music は登録されている歌手・グループに関しては無限大に思える。個人のライブラーに比してです。

 それはそれで楽しみがある。なぜなら「聞き慣れた曲を繰り返し聞く」(自分の音楽ライブラーの演奏)に対して、Play music では「こんな曲もあったんだ」「こんなカバーもしているんだ」「こんな歌い方をしていた時期もあったんだ」とビックリすることも多い。それはそれで楽しみです。曲順が新鮮なのとあわせて。

 自分の音楽ライブラリーを振り返ってみると、スタートはLPです。何百枚とあったが、今残っているのは僅か。なぜなら引っ越しの時に重いので持ち運べない。次にCD。面積は取らないが、角が尖っていて、それはそれで扱いにくい。どちらも今住んでいる家にはあまり置いていない。実家に戻したり、徐々に散逸した。

 ここ数年ずっと使っていたライブラリーはitunes のそれですが、これもコンピューターを代える度に引っ越しを繰り返して、なんだかライブラリーそのものが曖昧になってきた。そして今はPlay musicという膨大なライブラリーを必要なときに使える状態になった。

 それはある意味凄い。「高橋真梨子の曲をやって」というと延々とやっている。順不動で。例えば「J.S.バッハの曲をやって」と言ったら何日間でもやっていると思う。こちらは何もしなくても。これはある意味便利です。今度「リラックス出来る曲を...」と言っても何日でもやっていると思う。

 私の呼びかけに答えなかった歌手はいた。「安室奈美恵」とか「アリアナ・グランデ」と言ったら、「すみません...」だった。私の契約内容によるのかもしれないが、ライブラリーの構築にはいろいろ難しさがあるのでしょう。

 笑えたのは「yesterdayやって」と言ったら短く「昨日」と答えてきた。そりゃそうだが、笑えた。このグーグル・ホームのシステムを実は車の中で欲しい。最新ニュースもチェックできるし、好きな歌手やグループの音楽を聞き続けられる。時としてFM放送も喋りが邪魔です。うざい時がある。

 そうなると「自分のライブラリーとは何か?」と考えるわけです。間違いなく「一つの選択肢」ではある。しかし私の直感を言うと、多分私のライブラリーはあまり時間をおかずにPlay musicのようなパブリックなクラウドになる。多分itunes もあまり使わなくなる。そう思う。

 良いかどうかは分からない。しかし何一つ手を下さずに好きな音楽が十分に聴けるのなら、その方が使う気がする。

04:58
2017
10/10
Tue

スマホ一台で複数のスイカを扱う....便利

day by day

 (00:15)それからこの週末に私的に「発見したこと」を一つ。それは一台のスマホに複数のスイカを入れることが可能だ、ということです。

 今まで私は一台のスマホには一つのスイカしか入れられない、と思っていた。多分当初(ウォッチ発売の)はそうだった。しかしこれは不便です。アップルウォッチに入れたスイカは便利なのですが、時にはスマホだけもって違う時計(アナログの)をして出かけるときがある。その場合に。

  ところが、多分遅ればせなのですが、私はこの週末に発見した。アップルウォッチに移したスイカとは別に、スマホサイドには別にスイカを設定できるということ。伊勢丹のアップルショップの女性に教えてもらった。

 簡単でした。スマホ(私の場合はiPhone)のスイカアプリの右上の「+」(suica一覧の右)から、新たにスマホ用のスイカを入れられると分かった。簡単な入力だけで。左上にウォッチマークが付いたスイカと、そうではないスイカが二枚入る。

 これをすると、スマホアプリがスマホ上でスワイプするようになり、それぞれの残高が示される。つまりそれぞれに入金し、残高管理することになります。実は今私の「7」には三つのスイカが稼働する状態になっている。アップルウォッチを用途によって二つに分けて使っていますから。

 でもスワイプは一回です。「その時」に使っているウォッチは一つですから。一台は完全にラン・歩用の安い奴です。もちろんそれぞれのスイカアプリに入金しないといけませんが。

 しかしそうしておくと、とっても便利です。入金は面倒ですが、オートチャージにしておけば、地下鉄やスイカ、パスモ対象交通機関を頻繁に使っている人には何の面倒もない。

 もっとも私が気がつくのが遅れただけで、多くの方はもう知っているのかもしれない。しかし知らない方もいるでしょうから、参考までに。

01:10
2017
10/08
Sun

おーけー グーグル

day by day

 (22:15)びっくりした。本当に......そこまで聞き耳を立てているとは。

 グーグル・ホームです。ちょっとベッドで横になっていて、「そう言えば何かニュースが....でも立ち上がるのは面倒」と思って、「ok google 最新ニュースは ?」と声を掛けたのです。少し大きい声で。しかし距離は15メートルくらいあり、しかも曲がっている。壁があるので。「無理やろな....」と思って。

 しかし言い終えたら「午後9時のNHKニュースをお伝えします....」と最新ニュースを読み上げ始めた。ビックリしました。本当に。ということは、リビングルームに一台グーグル・ホームを置いておけば、ベッドルームから起き上がらずに声を掛けて、ベッドルームの電灯を消すことが出来る....ということです。

 使い始めてから一日とちょっと。うーん、今書いたような驚きもあるし、要は繋がりが進めばもっともっとグーグル・ホームを使える用途が増えると言うことなので、多分「とっても面白い」と思う。アメリカで人気が出ているのが分かる。

 例えばベッドルームに居て、「ねえ、グーグル お風呂を沸かして」と言えば沸かしてくれるようなシステムが出来れば、とっても便利になる。繋がりが重要です。というよりも家に向かう車からコマンドを入れることも可能になるでしょう。将来。

 ずぼらになるのでは.....という懸念はある。しかし大丈夫。私は外に出たくて仕方がないタイプなので。それよりもまだ設定の問題なのですが、「ビートルズのyesterdayかけてよ」と言っても、「すみません、お役に立てそうにありません....勉強中なので」という答え。音源の設定を数日中にします。

 計算はうまいですよ。電卓いらず。辞書代わりにもなる。動物や鳥の鳴き声は得意ですよ。まだゆっくり付き合っていないのですが、とにかく家に帰って「ok google 最新ニュースは」と聞く癖が付いてしまった。スマホ見るのも、テレビつけるのもかったるいじゃないですか。

 一つ言えることがある。それは「このマシンが出来る仕事はずんずんと増える」ということです。IOTなどの進展次第、私の家の仕組みの組立具合次第です。ニュースもNHK、TBS、ラジオ日経などなど、既にいろいろ揃っている。読み上げの順番を変えることも可能。しかし一番最新なのは毎時のNHKかな。

 ちょっと面倒なのは、必ず「"ok" か "ねー"」を入れて「google」と呼びかけなくてはいけないこと。飽きたので「おーい google」と言ったら反応しなかった。「ok google」と「ねえ、グーグル」が決め文句で、それが言ってみればスイッチなのです。その二つのフレーズで音声認識をする。

 値段もそんなに高くないし、miniも出る。おもしろいんじゃないでしょうか。AIなので、使えば使うほど賢くなってくれるかも。いろいろ忙しくてまだPhillips hue とchromecast ultra の設定をしてない。この二つを設定すればもっともっと用途が増えると思う。

22:27
2017
10/07
Sat

監督のせいで負けている.....ヤンキース

day by day

 (12:15)これでマー君は崖っぷちでの登板か。監督のせいで負けてますよ、ヤンキースは。数年前から「なんで彼をクビにしないんだろう」と思っている。

 勝ち投手の権利をみすみす失ったサバシアは、私の見るところ少なくとも2回はジラルディに対して怒りを覚えたと思う。一回はワンアウト2,3塁で敬遠を指示されたとき。指示も何も今のMLBでは監督の四本指で強制的に。あの時彼は勝負したかったと思う。

 もう一回は当然6回。確か6点差で勝っていて、インディアンスのランナーが1塁に出たとき。ジラルディは好調に投げていたサバシアを代えた。騒然ですよ。昔からコチョコチョ動く監督ですが、アメリカのテレビのアナウンサー、解説者も「?」と言っていたらしい。

 「ロバートソンを今日の試合では使いたくない」と言っていたのだから、調子を戻したサバシアにもう1~2イニング投げさせていれば、楽々、チャップマンやベタンセスを出さなくても勝てていたのに、サバシアに代わったグリーンが満塁HRを被弾。ポールに当たるHRは印象に残るんですよ。

 キャッチャーなのにピッチャーの気持ちが分からないというか、今日なんかサバシアは呆然としているでしょうね。ピッチャーの使い方に全く「哲学」が感じられない。分かりませんよ、ここから勝ってワールドチャンピオンになるかもしれない。ヤンキースは。実に久しぶりに。

 しかし今日はチャップマン、ベタンセスまで出す羽目になって、しかも二人とも回をまたいだ。マー君がよほど頑張らないと、この後もヤンキースは苦しい試合が続く。結果はインディアンス9ー8ヤンキース。これで地区シリーズの結果はインディアンス2勝、ヤンキース0勝。

12:32
2017
10/06
Fri

来た来た.....グーグルホーム

day by day

 (23:15)今荷ほどきしたばかりで、中をこれから見ますが、ちょっと楽しみ。

 今週初めかな。「木曜日に発表会があるので、いらっしゃいませんか」とグーグルの広報の方からメールでお誘いがあった。しかし私は木曜日は朝から徳島。「残念です....」と申し上げたら、「では送ります」と。

これから使える状態に 金曜日に我が家に運ばれて来たのは、グーグルが六本木ヒルズの本社で行った発表会で公表した日本語ババーションのグーグルホーム。うーん、楽しみや。明日の午前中は雨らしいので、組立に最適。

 私が興味があるのは、この放送でも言ったのですが、「siriとの違い」かな。どちらも音声を聞き取る。しかしsiriは口を近付けて.......と。

 グーグルホームはどのくらいで音声を聞き取るのか。実際にやってみます。家の各種機器と繋がっていなければこの日本で「AIスピーカー」と呼ばれるデバイスの本当の価値、効率性、利便性は分からない。しかしその端緒は見えるかも知れない。

 ところで徳島。iPhone8でも問題なのでは..........と書いたが、実は羽田に向かう地下鉄の中で、「ありゃ、7からイヤホンジャックを入れる穴がなくなっていたな」と思い出した。6Sまであったのがない。

 ということは「8」を使って音声付き動画でプレゼンするにはどうしたらよいのか.......と俄然問題意識が浮かんできた。たまたま「もしも.....」と6Sをリュックの中に入れていたので、「困ったら6Sを使えば.....」と思ったのですが、もうSIMを外しているので8からテザリングしなければならない。

 結局動画は使わずだったので「8」で出来たのですが、後で調べたらまたまた専用の端子を買う必要があるらしい。つまりプロジェクターに繋ぎ、かつ音声を出すには。面倒やな。

 いつまでもSIMを外した6Sを持ち運ぶわけにはいかないので、アップルショップに行って何千円だか知らないが、端子を買います。あ、その時にワイヤレス充電のアップルバージョンも買ってこようかな。「8」の発売時は品切れだった。

23:53
2017
10/05
Thu

実は知らなかった.........moronっていう単語

day by day

 (07:15)さて、今日の徳島の天気は.....降雨確率20%で、晴れか曇り。よしよし.........

 ま、どなたでもそうでしょうが、出張の日は「行く先が雨か、そうじゃないか」を一応確かめます。着るものがちょっと変わってきますから。今日は大丈夫そう。

 徳島新聞社の後援で行われる「サイバーセキュリティセミナー 経営課題として考える情報セキュリティ対策とは」という長いタイトルが付いた会合の特別講演を頼まれているので。

 主催者に「私、特にセキュリティの専門ではない....」と言ったら、「経営者中心に来ていただくので、伊藤さんには広い話題で........」ということで引き受けたもの。私のあとは二人セキュリティの専門家が。その話を聞くのも楽しみ。

 今日は初めてiPhone8を使って講演して見ようかと。ま、全然大丈夫でしょう。今までは6Sでやっていたが、「8」は「7」を含めた集大成の器機なので。プロジェクターに繋げて、音も出して。

 「iPhoneを使う」というと今でも相手方が緊張しているのが分かる。以前は「そんなことできるのか ?」「接続器機がない」が多かったが、最近は「実際にやって大丈夫でしょうか?」が多い。ま、プロジェクターサイドに15ピンのメスがあれば大丈夫。接続器機は多くのケースにおいて私が持って行く。

 徳島は久しぶりかな。渦潮も見れないだろうし、祭りもやっている時期ではないが、久しぶりに先輩の内藤さんの顔が見れるのが楽しみかな。最初は一泊を検討したが、結構前後がタイト。金曜日は朝からラジオがありますし。

 トランプ政権は「大丈夫 ?」っていう状態が続いている。今朝のニュースではティラーソンが「私は離職を考えたことは一度もない」と記者会見。そりゃそうだ。トランプに「(彼の)北朝鮮との交渉は時間の無駄」に加えて「「Save your energy Rex, we'll do what has to be done!」」なんて「!」マーク付きでツイートされたら記者会見の羽目になるのは目に見えている。

 アメリカに詳しい友人達によると、「なぜ誇り高い彼がトランプなんかの下で働いているのか」との疑問に対しては、奥さんに「あなたやったら.....」(家にいられたくない ?)と言われたというのが一種の都市伝説。ほんとかどうか知らないが、今年末にまた一幕あるかもしれない。

 プエルトリコでの一連のトランプ発言も目を覆うような印象。ビックリするのはそれが当たり前になったこと。ティラーソンがトランプに対して使ったと言われる「moron」(お馬鹿さん)が当たっているのか、演じているのかは不明。多分両方の要素が。

 今日は今都議会最後の5日ですか。橋本さんのように「2万%」とは言わないが「100%ない」と言い続けている小池さんはどう今都議会を総括するのか。最近は都知事としての予定キャンセルが多いそうな。

 「よく黙っているな....音喜多君は.......」と思っていたら「離党」だと。都議会では彼の方が先輩ですからね。「何も言わせて貰えない」「会派運営が非民主的」と予想した通りの理由。

 彼とはテレビで一緒したことがあって、とにかく弁舌は立つ。「あの弁舌が封じられては...本人もいつか嫌気が」と思っていた。イギリスではメイ首相の地位が危ないし、スペインでは国王の演説に独立志向のカタルーニャの人々が反発。

 酷いのはまだラスベガスの50人を超える死者が出た銃乱射事件の「犯人の動機」が不明なこと。動機が捕捉できなれば、予防のしようがない。ま、世界はmovingであるということですが、悲惨な事件が多いのはかなわない.......

06:19
2017
10/03
Tue

希自公の連立 ?........彼女にとっての早道

day by day

 (11:15)頭の体操です。私がそれを希望しているとか、そうなるだろうとか考えているわけではない

 視点を「女性初の日本の首相」になりたいであろう小池百合子(今は都知事)に置く。多分彼女にとって一番良いのは22日の選挙結果を受けて、「希望+自民+公明」の大連立政権ができる事です。というか「作る」ことです。

 選挙戦を戦ったばかりの政党が連立 ?と思う人もいるかも知れない。しかし先進国に例はいくらでもある。つい先頃までのドイツがそうだった。ましてや自民党と希望の党の政策は、ドイツのキリスト教民主同盟と社会民主党の間よりも極めて近い。

 今見える違いは19年に消費税を上げるか否か、原発をどうするかだけです。その他は憲法改正を含めてほぼパラレル。多分小池さんはこう考えている。過半数の233を越える候補者を用意するが、多分過半数を単独で取ることは難しい。

 取っても「希望の党」には十分な政権運営能力があるかは全くの未知数。多分小池さんが全てを差配しようとするだろうが、政府のガバナンスはあまりにも複雑です。今の希望の党では誰にどの大臣をやらせるのが良いかも分からない。

 小池さんにとって一番良いのは、つい最近までいた自民党の比較的豊かなリソースを使うことです。人材、官庁のマネッジメント能力・ノウハウ、組織などなど。今日にでも希望の党は名簿を発表するらしい。しかし恐らくそこには国民が知っていて「この人なら任せられる」という人は少ない。都民ファーストの会のように。

 しかし選挙は国民が一人一票を持つ制度で、より多くの人が「安倍さんもいろいろ問題があるし、モリカケも曖昧」「ちょっと嫌な印象」「今回は小池さんに入れよう」と考える人が多ければ、予想外に自民の票が減り、希望が増える。  彼女の視点から言うと、一番良い選挙結果は

  1. 希望の党が第一党で獲得議席は220と過半数にちょっと届かない程度
  2. 第二党が自民党で獲得議席は200飛び程度

 が良い。その場合「希望の党+維新の会」の連立も取り沙汰されるだろうが、それは現実的ではない。直ぐに政権運営に行き詰まる、と私は思う。両党に政権担当能力のある人は少ない。

 小池さんとしては経験豊富な自民党の人材を使いたいだろう。若狭、細野両氏くらいは閣僚に取り立てるかも知れないが(そうでないと格好がつかない)、実は小池さんはこの二人をあまり信じていないと思う。だから簡単に「リセット」の対象になるし、若狭発言を簡単にひっくり返す。

 しかし彼女が自民党を出るのに逡巡したことで示されるように、彼女にとっては自民党はいろいろな意味で魅力があるはずだ。人材も相対的に豊かで、適切な配置をすれば政権も長持ちする。女性初の首相が一年ももたないのでは歴史に残れない。

 自民党はそれを飲むか。飲むと思う。なにせ村山さんの社会党とも組んだことがある政党だ。なにせ憲法改正が出来る。だから小池さん的には希望の党が第一党になって、「希自公」連立政権を樹立し、そのトップに自分がなることを真剣に考えているのではないか。

 65才というお年を考えれば、そのルートが小池さんにとってもっとも素早く「女性首相」に到達する道ではないか........とさっき考えた。むろんその前提はいくつかある。今回の選挙で結局小池さんが選挙に出てこなければこのルートはない。5日までは都議会だ。6日から注目。

 「希自」で十分なのになぜ公明党を入れるのか。それは東京と知事選挙で助けてもらった恩返しもあるし、大連立の中で自民を牽制するためでもある。

11:45

««前の10件  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»

twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード