日々のライブな情報ページ

2018
01/13
Sat

マーケットに動意 ?

day by day

 (01:15)寝る前にチラッとマーケットをチェックしていたら、彼方此方の市場が動いている。外国為替市場ではユーロが高くなり、その一方でドルは安く、円の対ドルはよって高い。111円台。ユーロの対円は135円台。

 ニューヨークの株が高いのは相変わらずですが、連日の高値で26000ドルにダウが接近。ちょっと速いのでは、と思う。一時2.6%近くまで上がっていた米長期金利(指標10年債利回り)は徐々に落ちてきて2.56%程度。

 こりゃ「VIXが10台に乗ったのでは....」と見たら、今は10.17。去年一年が趨勢的に恐怖指数の低下で推移したので(最近はずっと一桁だった)、「今年はそれが上がる」というのが私の見方。ビットコイン相場を見たら、またまた下げの方向で動いている。

 ビットコイン相場変動の震源地の一つは韓国。ここでも韓国政府の優柔不断というか「決定の、ただちのひっくり返し」の特技が出ている。韓国法務部(省に相当)の朴相基(パク・サンギ)長官は11日午前11時、「仮想通貨取引所の閉鎖も目指す『仮想通貨取引禁止特別法』を準備しているところだ」と明らかにした。 

 しかしその後大統領府公式ホームページの国民請願掲示板(そんなのがあるのが面白い)には、数多くの「仮想通貨規制反対」という請願が投稿され、同日午後5時20分ごろまでで約6万人が同意。仮想通貨投資家が集団で政府規制に反発した。

 これを見た大統領府は自ら火消しに乗り出した。尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は「仮想通貨の取引所閉鎖に関する朴法務部長官の発言は法務部が準備してきた方策の一つだが、確定した事案ではない。各部処(省庁)の議論と調整過程を経て、最終決定されるだろう」と一転して慎重な姿勢

 市場では、この政府の態度豹変に関連して、「仮想通貨投資家の60%が文在寅(ムン・ジェイン)政権の主要支持層である20-30代だからだ」という声も上がっているようだ。ここでも発動された国民情緒法。

 あれやこれやあってビットコイン相場は「嫌気売り」を受けて今はかなり低い水準。ビットコインは特殊需給のマーケットだが、ユーロ高は「ECBの出口戦略への思惑」「ドラギの辞任後」など、いろいろなファクターがある。黒田さんも任期を迎えるがどうか。

 ま、今年は去年よりはマーケットは動く、といのが私の見方だ。

01:38
2018
01/11
Thu

しゃべりまくり....とりまくり

day by day

 (05:15)あはは、昨日は楽しい、もっと正確に言えば「とっても楽しい」会だったな。東京タワーを見下ろす六本木ヒルズの51階で、趣味を同じくする、面白い連中の「クラブでクラブメンバー新年会」(笑)。

皆楽しそうな顔をしている 全員が違う会社、職業。年齢層もばらばらで、しかし会った瞬間からネットでの繋がりがあるので、「あ、この人だ」と。皆が饒舌に喋り、あちこちに輪が出来、それぞれの輪でそれぞれの話題が展開した。

 私が今一番欲しい「ソーナノ」を新年会の一番の盛り上がりの中で卵から孵化させた御仁もいたな。うらやましい。多分、日本で一番高い建物で孵化した「ソーナノ」だと思う。

 この日本一高いビルの構造設計をした会社の人もいたし、「妻がこのビルで仕事してます」という人も。いろいろいらっして、紹介しきれない。あ、2月の東京マラソンに出場予定の方も2~3人。

 皆良く歩く連中なので、よく鍛えられていて、街の知識も多く、日々街について新たな発見をしている。多分昨日集った20人の過去1年半(2016年07/22以降)の歩行距離合計は、多分日本を何周も何周もしている。その眼底に残った絵を繋げると、面白いものが出来るかと。

昨日は空気が綺麗で東京タワーが良く見えた 私の今の気になっているテーマは「仮想の力」ですが、それを考える上でも面白い集まりだった。繋がりの端緒、そしてその発展。ははは。皆でイタリアンの美味しいコース料理を半分立ち上がりながら食べ、赤白ワインの飲み放題を堪能し、そして次々に沸いて出てくるキャラと遊び、そしてゲットする。

 うーん、半年に一度くらいやりたいな。面白いので。多分その時はまたゲームの様相が変わっている。進化形のゲーム。そのゲームとは「PokemonGo」。あーあ、途中で辞めちゃった人、残念でしたね。当時よりずっと面白くなっているのに..........。それにしてもオフ会は楽しい。

05:52
2018
01/10
Wed

小平選手の....「自分超え」

day by day

 (10:15)今朝読んだ新聞で最も「いい記事だな」と思うのが『頂へ「日々自分超え」』。日経の33面のスポーツ面「メダルへの道 氷上編 1」の小平奈緒選手の記事かな。

 別に追っかけではないが、彼女のことにはずっと関心があった。私と同じ県出身のしかも隣の市(茅野市出身 私は諏訪市)出身の選手なので。「自分との戦いより、誰かに勝つ戦いの方が気持ちは楽なのではないか」と記者が尋ねたそうな。

 彼女の答えは、「誰かに勝つというのは、(相手に)お願いだから遅く滑ってとは言えないし、自分でコントロールできない。だからそれは余分なこと。自分が強くなれば相手より速い。その方がタイムももっと先の方までいけると思う」だったそうな。つまり彼女は境地に達している。

 今の彼女からはメダルという言葉は口の端からこぼれないそうだ。つまり彼女の視点はそこにはない、ということ。それよりも自分の滑り、自分の限界突破、そして「より先へ」が目線の先にあるという。

 オランダに行く前の彼女はこうではなかった。むしろ緊張しながら、相手の様子を窺うように喋り、「メダルを取りたい」というようなことを言っていた。記憶に鮮明だ。それが大きく変わった。つまり10年前、5年前の彼女と、今の彼女は全く違う。新聞の写真も、こぼれるような笑顔。

 ええな、と思う。後は羽生君のように怪我だけだな。心配なのは。彼女が平昌のリンクに立てて、そしてその時も今の心境でいられれば、おのずと結果は付いてくると思う。もうその時にはシャンパンで乾杯だな。

 対してとっても嫌な気持ちになったのは社会面。「他選手妨害で捜査」かな。最初どこの国の話かと思った。海外では聞いたことがあるが、日本では初耳。小平選手は群を抜いてオリンピック選出になったが、カヌーの事件は「オリンピックに出られるかどうか」のレベルで起きた。100%あり得ない事件です。

 「もう歳だ」とか「妻も狙えと言っている」とかの事情はあっただろう。しかしライバルの飲み物に禁止薬物を入れ、そしてその他の選手の器具を窃盗し、破損する。やっているときの本人の気持ちはいかに.....。何とも悲しい。

 被害者の小松選手も「日本で起きるとは....」と言っているそうだ。それが正直な印象だろう。容疑者の自己申告で犯行が表沙汰になったことには救いもあるが、では申告がなかったらどうなっていたのか。小松選手の履歴には傷が付いた。

 海外の選手では「自分の飲み物でも、目を離した飲み物は飲まない....」とか徹底した対策をしているケースが多い、と。しかし日本ではまさかだっただろうから、小松選手の落ち度を指摘するのは無理だ。二人はライバルだったそうな。当然顔見知りで、言葉も交わしたこともあるだろう。

 小松選手は「とってもショックだ」と言っているそうだ。そうだろう。二度と起きて欲しくない事件だ。

12:46
2018
01/10
Wed

背が9センチ伸びるって.......

day by day

 (02:15)うーん、ようやく1月も8、9日になって体がシャキッとしてきたな。今週からまた書かなきゃいけない原稿があまた。

 夜中にちょこっと起きてニュースを見ていたら、面白いニュースが多い。BBCを見たらISS: Japanese astronaut Norishige Kanai worried by growth spurtとあって、「growth spurt」って....と中身を読んだら、金井さんは「宇宙に行って背が9センチ伸びた」そうな。それって凄くないですか。5%以上 ? 体重はそのくらい変動するが、背がそれほど伸びるとは。成長痛にならないのか ?

 欧州を襲っている雪嵐。Alps snow strands thousands of tourists in Switzerlandとスイスを中心に旅行者が大量に動けなくなっているらしいのですが、そのニュースを読んでいる最中に、ホワイトハウスがトランプ大統領のダボス行きを確認というニュースが。立ち往生しなければ良いが。

 同大統領がらみでは、「トランプ大統領は国歌の歌詞を忘れたのか」という動画も面白かった。普通の大統領はこんな記事を書かれない。先日「経済がこれだけ良くて支持率が上がらない大統領は過去いなかった」とニューヨーク・タイムズが書いていた。うーん。

 へえ、と思ったのはダイモンの後悔かな。昨年の9月だったかな。彼は「ビットコインは詐欺だ」と評した。広く使われたコメントだ。私も何本かの原稿に。そのコメントを「後悔している」と。そして「その背後にあるブロックチェーンの技術は本物だ」と。だから本心を変えたとまでは言えない。

 朝鮮日報を読んだら、慰安婦合意 再交渉求めないのは欺瞞=被害者ら批判と。『被害者らは「合意が間違っていると認めながらやり直さないのは被害者への欺瞞(ぎまん)行為」などと批判した』とある。そりゃそうだ。文在寅政権は自己破綻している。ナロウなロープの上を歩こうとしておっこちた。

 日本時間の今朝から始まった米CESには行きたかったな。以前は「家電見本市」と日本語に訳されていたので、あまり行く気はしなかった。「consumer electronics show」なので、それを「家電」と訳したのが間違い。以前はそうだったんだろうが。

 今年は当然ながら「繋がる車、繋がる家電」がテーマでしょう。「consumer electronics」です。もっとも日本でも今月17日から 第10回 オートモーティブ ワールド | リードエグジビションジャパン が予定されていて、招待もあったしそれには行く予定。

03:46
2018
01/08
Mon

いかんぜよ......安易な譲歩は

day by day

 (18:15)明日の南北朝鮮のいわゆる"高位級"会談は、午前10時からですか。北朝鮮の核とミサイルに対する態度(断固として開発を続ける....という)は少しも変わっていないので、今の韓国の興奮ぶりはちょっと理解に苦しむ。

 多分北朝鮮は日米を中心とする圧力があまりに強くなって自分達の国から離れていく国(外交関係拒絶などの)が多いこと、物資や資金の調達にも困って焦りを覚えているのだと思う。「一番攻撃、攻めやすい環」として韓国にすり寄っていると思える。何か貰えるかも知れないし。

 それがわかっていながら文在寅大統領は「私の出番だ....」とばかりに会談に乗り出そうとしている。危ないことこのうえない。韓国がへんな約束をしないといいが、それは全部明らかにされるのだろうか。オリンピックが終わって米韓軍事演習が始まれば、また元の木阿弥のような気がする。

 プーチンは「北朝鮮は草を食べても、核とミサイルの戦力を確立する」と言っている、私もそれが正しいと思う。金正恩の体制を揺るがすことがなければ、また揺らいだとしても、北朝鮮の指導部は世界でも稀な国しか持たない核・ミサイル戦力を交渉材料として使うだろう。

 それを許してはならない。難しいが、国民に「今の間までは国がもたない」と思ってもらわねばらない。ここは韓国には十分承知しておいて欲しいものだ。それにしても「高位級」って変な日本語だな。じゃ「低位級」もあるのか ? どうせ朝鮮語からの直引きなんだろうけど。

18:29
2018
01/04
Thu

デベロッパーには面白い街

day by day

 (22:15)たった5日ほどですがドバイにいて、そして日本に帰ってきた際の印象は、「大人しい、静かな、そしてあまり上に伸びていない都市だ」という印象でした。

 なにせドバイにはブルジュハリファ(世界一高いビル)だけではなく、上を見ると首が直ぐに痛くなるビルが林立している。なので、東京は人口も多いし、横に伸びた都市ですが、比べると上には大人しいと見える。

 むろん環境が全く違う。日本は太平洋プレートなどなどをもろに受ける列島で、地震が多い。しかしドバイには地震の心配はほぼないと言われている。ニューヨークに近い。成り立ちも違う。

 ドバイは砂漠を都市とした。日本は昔から所有者が明確な土地を時間をかけてまとめ、そして徐々に開発した。日本は長く投資を続けて今の都市景観を作り上げたが、ドバイは非常に短い期間にアブダビなどの豊富な石油資金で一気に作り上げている。

 ドバイを見ていて思ったのは、「この街は都市設計、建設の専門家にとっては非常に面白い、やりたいことがやれる街だったし、今もそうではないか」ということだ。彼等にとってあらゆる実験が出来る街に見えた。

 むろん多様な富を生み出す仕掛けは、はるかに東京の方が充実している。歴史があり、文化があり、そして製造の基地がある。ドバイはそこは脆弱だ。観光は確かに大きな産業になっているが、「勢いがある都市だから人が集まっている」とも理解できる。では「勢いがなくなったらどうなのか ?」という思いがある。

 別に競争意識から言っているわけではなく、面白い二つの都市の先行きだな、と思う。加えて、ニューヨークは、上海は、ロンドンは......と考えていくと面白い。なぜならドバイは「都市の成立」の従来の一般条件を逸脱している。

 引き続き興味深いテーマだ。

23:11
2018
01/03
Wed

・・・・・"中"の都市としてのドバイ

day by day

 (22:15)「・・・・・中の都市だな」と思いました。「中」の前には、建設、実験、冒険などいろいろな単語が入る。しかもどれもドデカいスケールで。先が見えないほど広漠でもある。人口的には小さい都市なのに。

 年明け早々に「ドバイは vast だ」と書きました。その典型はしばしば「世界一」が付くドバイモールドバイマリーナなどこの国の様々な建設物に見ることができるし、ブルジュハリファも下から見ると(直ぐに首が痛くなる)、一言で言えば「vast」です。

 それにしても、ドバイは凄まじい実験、そしてこれまでのところの成功だと思う。世界一高いブルジュハリファの124階(まだまだ上がある)まで1分と06秒で直接上がりながら、「よう作ったな」と思いました。来るときのエミレーツ航空には「20の出身国から17カ国語が操れるCAが......」とアナウンスメントがあった。

 当然この世界一高いビルの建設には、数え切れない程の国の出身者が携わっている。それをマネッジメント出来ただけでも凄いことです。ちゃんとビルは完成した。そして今もそこに厳然として建っている。

 見ていると設計の良さは良く分かる。実に様々な事に利用できるようになっている。年末年始は光のページェントの対象でもある。なによりもこの世界一高いビルと世界一広いモールが人々を世界中から集める。アトラクションそのものだ。

 年間の観光客数はあとで調べるが、一つ言えるのは凄まじい国籍の数だ、ということだ。それこそ世界中から観光客を集めている。同じように広いと思う幕張のイオンモールとの違いは明確だ。この集客力こそ、ドバイのもつパワーの源泉の一つだ。問題はいつまで人々を驚かせ続けることが出来るかだ。

 ドバイモールとブルジュハリファの間の泉の場所に建つと、「EMAAR」(エマール)の氾濫だなと思う。そこら中「EMAAR」だらけ。ブルジュハリファもこの会社が手がけたが、その周辺のビルは、高いも低いもこの会社が手がけているケースが多い。むろん準風ばかりではなかった。

 リーマンショック後の金融危機にも遭遇したし、ビル名の突然の名称変更にも、労働争議にも直面した。しかし周辺のビル開発は今も続けられ、光と水のページェントが繰り広げられている。

 思うのは希有な発展形態の街だ、ということだ。石油資源の少ないドバイが考え抜いた上の。同じ首長国の親分格のアブダビからを中心に先ず資金を呼び込み、都市建設に着手し、集まる労働者達で街を形成し、それを完成させる中で更に投資を呼び込み、そこに観光客を集めて都市を大きくする......。

   危機を経ながらも、成長率が低下する中でも、今もそれは続いている。にも関わらず、街全体はよくマネッジメントされていると思う。危険を感じることは少ないし、泥棒やスリの話もあまり聞かない。歩いていてもすこぶる安全感がある。

 前回も書いたが地下鉄(大部分は地上を走っている)での乗客のマナーはまずまず良いし、道路を走る車もかなり歩行者には気を使う。中国の都市などよりよほど安全だ。スークは繰り返しかかる声がうっとうしいが、相手をしないでしらっと歩いている分には面白い。

 まだまだこの街には強い印象がある。長くなるのでまた書こうと思う。とりあえず撮った写真のいくつかを。

砂漠を駆け抜けた 面白かった

ドバイモールの一角の天井の傘の群れ 面白い

世界でいくつもない七つ星ホテル

オープニングにマイケル・ジャクソンが宿泊したホテル
09:26
2018
01/01
Mon

天空の限界を試す街.......ドバイ

day by day

 (22:15)皆さん、明けましてお目出度うございます。

 ドバイにいます。そして予想通り現地の新聞の一面トップはイラン情勢でした。「Iranian leaders rattled by mounting protests」が見出し。

イラン情勢を伝えるドバイの英字紙 イランの騒擾は対自国政府です。経済情勢の悪化、上昇する物価に対する民衆の抗議の色合いが強いのですが、それが急速に政治色を帯びている。記事の中には「Not Gaza,not Lebanon, my life for Iran」というデモの一つのスローガンが紹介されている。もっと国内を向け、ということでしょう。

 イランは今はサウジと厳しく対立。その話がこのドバイの英字紙にはあまり載っていない。もっぱらイランの国内情勢を扱っている。まだ来たばかりでUAEの立ち位置もあまり良く分かっていないが、ここ数日では分かると思う。事態の重要性も含めて。

 まだ24時間もいませんが、ドバイの印象は一言で言えば「vast」かな。公式統計では人口300万人らしいが、どっこいそれでは収まらない、と思う。膨大な労働者、移民が溢れている。ある意味、中東と言うよりはアジアです。

 都市景観のと真ん中のホテルに居るので、見渡す限りの高層ビル。その一方で、大きな砂漠の真ん中に忽然と出来ている街の印象もする。膨大に伸びる都市景観。都市全体が天空の上限を確かめようと伸びているように見える。

 空気は汚い。砂埃と車の排気ガスが。吸ってあまり良い印象はしない。ドバイの人々は「今がベスト・シーズン」と言う。そりゃそうだ。夏には45~48度だ。今日は朝が16度、日中の暑いときでも27度くらいだった。過ごしやすい。この街は朝と夕方が良い。空気の汚さを忘れることが出来る。

空に伸びるドバイのビル 旧市街に行き、博物館も見て、そして両岸に船が並ぶイスタンブール的な地区を歩き、モスクも見て、結構面白かった。スークでは履き物街が笑えた。朝行ったのですが、その通りだけが全て店が開いていた。明日また行く予定。

 とってもビックリしたのが、ドバイに住む人達のマナーが比較的良い事かな。歩行者の為の信号はほとんどない。大きな道路がとっても幅があるのに。しかし歩道の端に立つと、多くのケースにおいて車が止まってくれる。

 日本もルール上はそうだが、多くのケースにおいて車が威張って走り過ぎる。しかしドバイは違った。多分人によって違う。地下鉄では席を譲る人を多く見掛けた。子供に対して、そして珍しいお年を召した方に対して。そう圧倒的に若い街です。

 ドバイ博物館は、つい最近までこの街でどんな生活が営まれていたのかを示していた。面白かった。本当に急激に伸びた街で、「その行方は ?」と他人事ながら心配になる。今はドバイはまだ、あらゆるものを吸い取っている段階だ。

01:27
2017
12/30
Sat

良い年末・年始を.....皆様に

day by day

 (06:15)つい数日前までは

25日のミッドタウンの夜景 「ちっとも年末らしくない」
 「本当に年が明けるのか」

 と思っていましたが、さすが昨日今日になると

 「年末や」
 「2018年がくるのか」

 という気分になる。今日を入れてあと2日。

 都内では県外車が増え、街を歩いている人が日に日に少なくなり、電車もすき、タクシーががら空きになり、マンションやビルの入り口にはしめ飾りが。なにか街を歩いている外国人も「これはなんだ」と呆然としているように見える。

 年末年始というと、海外では概ね大騒ぎ。イタリアのフィレンツェで迎えた新年では、窓から落ちてきたと思えるワインのボトルなどが道に散乱していたし、インドでは晦日はムンバイで大パーティだった。

 つまり騒ぐのです。ニューヨークのタイムズスクエアのように。なので、本当に海外からの旅行者はこの日本独特の「静かな年末・年始をどうやって過ごすのか......」と心配になる。初詣? 女性は着物を着て ? うーん、ちょっと彼等には寂しいかな。

30日朝 紀尾井坂から見た東京の夜明け 年末の風景を二つほど写真に撮りました。ともに都内です。夜と朝。うーん、どちらも好きですが、今朝の夜明けも綺麗だったな。写真好きの人は誰もが言う。「朝こそシャッターチャンスだ」と。私もそう思う。

 今日から海外に出ます。なので、ここへの書き込みは年内これが最後かも知れません。皆様には良い年末・年始をお過ごし下さい。

07:35
2017
12/28
Thu

国民情緒法

day by day

 (01:15)「やっぱりか」という印象。韓国はまたゴールポストを動かそうとしている。それも政府同士の正式合意を、「国民の多くが納得出来ないので」というとんでもない理由で。

 今回出たのは外務省の作業部会のそれで、政府の正式な意思表示ではない。しかしその先に何があるのかは明確。最低限日本政府に新たな要求をぶつけてくるか、最悪の場合に一方的破棄となる。

 「国家間の約束」もあったものではない。私が持つ印象は「もう韓国とは何も約束できない」というものだ。韓国には友人もいるし、彼等は信頼できる人々だ。しかし国になると政治が「感情」に流される。

 大きな国に囲まれて運営が難しいのは分かる。だからこそ透徹した洞察力を持って事の対処に臨まなければならないと思うのに、何か起きると国を挙げての大騒ぎで、その度に右に、そして左に振れる。

 韓国の多くの人はそれが良くないことと分かっていると思うが、慰安婦に関する学術研究も、そして検察の捜査も民意に流される。それを「国民情緒法」と言うらしい。それに逆らえば政治家は政治生命を絶たれ、学者も研究を続けられなくなると。

 文在寅政権が選挙中の安易な、人気取りの主張の後始末をどうつけるのか。情緒法を外交に適用するのか。結果は見えているような気もする。良い人は一杯いる。しかし今回の事で改めて韓国について思うのは、国としてはまともに相手に出来ない」という事だ。

01:34

««前の10件  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»

twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード