日々のライブな情報ページ

2017
04/24
Mon

叔母と甥の欧州政治 ?

day by day

 (09:30)「叔母と甥の欧州政治か........」と一瞬思いました。だってマクロンは39才。メルケルは63才。24の年齢差だから「叔母と甥」の関係は十分成り立つ。

 むろん時期尚早の発想ですよ。エマニュエル・マクロンがフランスの大統領選挙一次投票に勝ち残っただけ。相手はマリーヌ・ルペン。しかしこの記事が正しいと仮定すれば、マクロンが決戦投票でも勝つ。さっき見たフランスのテレビでは、一次投票後に世論調査が二人の候補に対する投票行動を聞いたら、「マクロン62%ー38%ルペン」だったそうな。あまり事前と事後で変わっていない。

 むろん選挙は水物。5月3日にある二人によるテレビ討論など、情勢を大きく動かす事柄があるかも知れない。ただし敗北を認めたフィヨン候補と社会党の候補だったアモン氏は、敗戦の弁の中で決戦投票ではマクロン候補を支持するよう支持者に訴えた。

 備忘のために書いておくと、開票率96%の段階で各候補の得票率は

 マクロン   23.9
 ルペン    21.4
 フィヨン   19.9
 メランション 19.6
 アモン     6.3
 いずれにせよ、これまでフランスの政界を担ってきた社会党と共和党の候補は決戦投票には残らなかった。イギリスやフランスのテレビが「驚き」と表現しているのはこの点だが、これは世界的な現象でしょう。既得政治組織への不満。

 なにせ議院内閣制ではなく「国民の直接選挙」ですから、今回の仏選挙のように「マクロンが突然大統領に一番近くなる」ということが起きる。日本はトップに到達する前に2段階あるから、こうはいかない。

 もっとも日本でもある意味政党離れは現象として見られる。民進党や社会党の不振がそれを示している。でも驚きは「フランスの大統領選挙では世論調査結果がほぼ当たった」ということか。

 私にとっての今回の選挙での全体的な驚きは、スキャンダルまみれのフィヨンが頑張ったこと。メランションが言われたほどブームには乗っていなかったこと。社会党のアモンがなすすべもなく、予想通り負けたことかな。

 それにしてもマクロンが勝利宣言の際の記者会見で、選挙戦の最中には見せなかった「ちょっと不安そうな顔」を見せたことが面白いと思いました。トランプの当選直後にちょっと似て。彼は39才。奥さんは20才以上歳が上。かつての彼自身の学校の先生だそうだ。当選直後なので、「改めて思うと大統領職は重い」と考えているのかも知れない。

 多分彼は叔母ほどの年齢差のメルケルさんにいろいろ教えて貰わねばならないでしょう。あ、今気がついたが彼の奥さんはメルケル世代。じゃ上の人に何か教わるのは慣れているのかも.......

10:32
2017
04/23
Sun

平壌で給油できなくなった

day by day

(23:30)あ、もう二つくらい面白いニュースがあったな。今日は。

 日経ヴェリタス。週に一度しか来ない金融に特化した新聞ですが、そのプロゴスフィア(Progosphere)のコーナーに「平壌で給油できなくなった」という見出しを発見。副見出しは「北朝鮮向け原油、中国すでに禁輸との見方も」とある。

 口先だけ益々尖ってきている北朝鮮。その内実を知れる記事だと思って読んだのですが、その最後の方でした。「(中国による北朝鮮への)石油禁輸論が浮上する中、20日に話題になったのが環球時報の北朝鮮駐在記者が伝えた....」で始まる部分。

 「北朝鮮の首都平壌の大使館街にある給油所でガソリンの給油が出来なくなった」との独自ニュース....という部分が一番重要な文章。同紙記者が給油に訪れたとき、「ガソリンがない」として給油を断られた、と書いてある。記事にはガソリン価格の値上がり観測も記載されている、という。

 当然ながら戦争にはガソリンが絶対的に重要だ。車輌や航空機を動かすためにはガソリンが先ず必要だからだ。仮にこの記事に書かれていることが「北朝鮮全体で起きていること」だとしたら、それは北朝鮮で石油が枯渇したか、それとも備蓄で他の用途に回せなくなったかのどちらかを意味する。

 この環球時報の記事ではどちらなのか何とも推測できないが、「大使館街で給油できない」とは深刻でしょう。そんな情報は海外に直ぐ伝わってしまうことが明らかであるのに、店員(?)が「ガソリンがない」と言っている訳だから。

 もう一つはBBCのサイトにあった。北朝鮮がオーストラリアへの核攻撃を警告した、というニュース。「もしオーストラリアがアメリカの同盟国であり続けるなら、オーストラリアも核攻撃の対象だ」と北朝鮮が警告した、というのです。

 ペンスが日本を出た後オーストラリアに立ち寄って色々話をしたのが気にくわなかったのでしょう。全方位で「攻撃する」と脅し始めた。「オーストラリアがアメリカの同盟国であり続けるなら」と。徐々に北朝鮮の興奮度は高まっている。

 同様に、北朝鮮は名指しではないが中国への警告も強めている。多分今年中の石炭(北朝鮮からの)輸入を禁止し、もしかしたら石油の輸出も抑制している中国への警告でしょう。安易に他国の制裁措置に同調する国は「北朝鮮の敵である」的な警告だそうな。

 「周辺国が我々を公に脅している」「破局的な結果も覚悟すべきだ」と北朝鮮の国営メディア。こんな警告を突き付けられたら、中国もまた「戦略的忍耐の尾を切らす」かもしれない。ま、アメリカ軍が北朝鮮を攻撃したとき、中国がどう出るかは読めませんがね。

23:57
2017
04/23
Sun

600人が数人に........ゴールドマンの株トレーディング

day by day

 (12:30)今朝の新聞で面白かったのは日経の一面の「ロボットと競えますか」という記事の中に、「米ゴールドマン・サックスでは00年に600人いたトレーダーが株式売買の自動化システムに置き換わり現在は数人に減った」という一文を見付けたことかな。

 やっぱりそうか、と思いました。ちょっと前に金融業界の現場バリバリの連中と話をしたときに「最近は機械になかなか勝てない」というトレーダーがいて、その意見に賛成の業界人が何人もいたから。「トレードに関するAIはもう人間の能力を凌駕しつつあるのか」と思っていた。碁や将棋だけではない。

 なので今朝の日経の新聞記事に「600人が数人になった。ゴールドマンで」という記事を読んで、「進んでいるであろうゴールドマンでそうなら、そのトレンドは業界他社にも広がるだろう」と思った。

 多分その外れた500人以上の人が「直ちにゴールドマンを辞めさせられた」とは思わない。ロボットには代替できない複雑な関連業務は他にあるので、その業務に移ったかも知れないし、営業に移ったのかも知れない。

 多分AIを心臓に使った機械(それをロボットと呼べば)は、人間の色々な職業分野に入ってくる。今後も急速に。だから従来の意識で「ここは俺の領域なのに」と考えていたら、その人にとって厳しいことになる。機械にまかせられることは機械にやらせれば良い。

 その代わり人間はAI機能を持つロボットが出来ない事をやれば良い。今は時間があまりないので長く書けませんが、「人間は職業を作る動物である」というのが基本的な考え方です。過度に恐れる必要は無い。

12:57
2017
04/22
Sat

too close to call

day by day

 (05:30)他の国の選挙とは言え、とっても気になるな。エリゼ宮とシャンゼリゼに近接した場所で警官襲撃テロが起きたフランス。故にルペン、マクロン、フィヨンの3人の候補者は21日は選挙運動を中止。

 対してメランションは運動を継続。しかし22日土曜日の選挙運動は禁止されているので、フランスの大統領選挙に向けた候補者達の運動は事実上集結。多くの世論調査が「too close to call」と報じている。

 私が見た最終に近いある世論調査結果は「Ifop polls show Mr Macron on top with 24 per cent of those intending to vote, followed closely by Ms Le Pen at 22.5 per cent. Mr Fillon is at 19.5 per cent while far left-leader Mr Melenchon is at 18.5 per cent.」となっていて、他の調査でもマクロンが今は一位らしい。

 しかし多分これらはパリでの今回の襲撃事件を十分織り込んだものではない。ということは、動く可能性がある。今見たら襲撃後の世論調査では僅かながらルペンがアップ、マクロンがダウンという結果らしい。

 しかし私が数日前に書いた「究極の選択」の可能性はまだ残っている。マーケットは全体的には「マクロンとルペンが残り、5月7日の決戦ではマクロンが勝つ」に賭けているようで、ユーロ・ドルは1.07ドルになっている。

 ま、世論調査なんてあまりあてにならない。フランスの大統領投票の投票は23日の日曜日。結果判明は日本時間の24日午前中の予定。

05:16
2017
04/21
Fri

「犯行」→「出国」の阻止を...

day by day

 (23:30)福岡の3.8億強奪事件は午後のテレビ出演中に伝わったのですが、当初から犯行の乱暴さから「海外の臭いがするな」と思っていました。情報は希薄でしたが。あの手の事件で日本人が何人も徒党を組むというのはあまりない。

 夜に入った段階での情報では、福岡空港で韓国籍の数人の男が多額の現金を持ち出そうとして身柄を確保されたそうな。ただし「空港で確保された男らは、強盗致傷事件の現場で目撃された男と特徴が異なり、所持していた現金も被害額とは金額が違っていた」(サンケイ)ということで、犯行現場と空港の身柄確保との繋がりはまだ不明。

 考えられるのは分担犯行で、犯行グループは全部で最低6人くらいいて、襲うグループと持ち出しのグループに分かれ、金額相違は分配を意味しているのかも知れない。しかしこれはまだ不明だ。

 ニュースを聞いたときの最初の疑問は、「明らかに危ないのに、そんな大金をなぜ一人で動かしたのか」でしたが、被害者は「金塊を買い付けるつもりだった」と話しているという。「金」と言えば昨年の博多駅・筑紫口付近の路上で120キロ・6億円相当の金塊が強奪された事件が想起される。

 確かあれはまだ未解決。今回は複数人が身柄確保なので事情が明らかになるかもしれないが、「福岡は金塊がらみの事件が多い」という印象は残った。なにかあるのか。いい街だし大好きなので今後も機会があるたびに行く予定だが、ちょっと残念。

 それと「日本で犯行→可及的速やかに出国」というパターンが最近多い。神社仏閣の文化財的重要性のある柱などに液体を付着させた中国人二人組も、犯行を行ったあとに速やかに出国しているという。

 日本という国がそういうことが出来る環境にあるというのはやはり問題で、何らかの形で阻止の体系を作る必要があるのではと思う。出入国は「入」を厳しくしますが、今後は「出」もしっかり見守らないと。今回はうまく阻止できたように見える。まだ事件の関連・詳細は不明ですが。

00:48
2017
04/19
Wed

テスラのSUV 乗り心地良し

day by day

 (20:30)またテスラの車に試乗してしまいました。新しい会社、株価も伸びている会社の新種の車、また見栄えも良いので見ると「どんな具合だろう」と乗ってみたくなる。

上部フォルムが特徴的 前回は「S」で、テーマは自動運転。今回はSUVで「乗り心地」。近くにオフィスがある越智さんを誘って午後に伊藤忠前発で「青山三丁目→西麻布交差点前を左折→青山墓地前→青山一丁目交差点を見付け方向→清水谷公園の八重桜鑑賞→迎賓館回りで東宮御所」回り的に。

 SUVなので座席と視点が高くて景色が良いのは当然ですが、特徴は上から見ると良く分かるのですが、上部フォルムのすっきりさ。フロントガラスとルーフ、それにリアガラスが一体化。一つの帯として存在する。実際に運転席や補助席に乗ると、ルーフが大きく開けている印象が強い。

 後部座席の両サイドも窓になっていて開放感が非常にある。「夏は暑くないかな」と思うくらいだが、クロの曇りガラスになっているので、それほどではないのかもしれない。開放感があって良い。

 今回乗ったSUV「X」はまだ自動運転対応にはなっていないが、前後のカメラの数を従来より増やして自動運転対応を目指しているとのこと。テスラに限らず電気自動車の特徴は出足の良さ。

 運転席でハンドルを操作すると直ぐ分かるのは「この車は重い」ということ。助手席に座っていたテスラの人に「1トン以上あるよね」と言ったら、「その倍です」と。つまり2トンの重量のある車SUVと言うことになる。

 車両重量2トンの車がスーとでるのだから凄い。重いのは車体の下に電池を敷き詰めているからですが、「それにもかかわらずのこの加速は魅力だな」と思う。車が混んでいる都内ではなかなか思う通りの試乗はできないのですが、でも乗って初めて分かることもある。

22:28
2017
04/19
Wed

なにしとんの...

day by day

 (13:30)びっくりして口あんぐり。朝鮮半島を目指していた筈の米原子力空母カールビンソンが、実はインド洋に向かっていた.....と。じゃ、今までの議論はなんだったのか。

 一応の説明は「連絡ミス」だと。そんなことってあるのですかね。トランプも先週言っていた。「無敵艦隊が(朝鮮半島に)送られた」と。無敵艦隊=armadaとはカールビンソンを中核とする攻撃群を意味するとみられていた。

 それが正反対のインド洋に行っていた、と。オーストラリア軍との訓練があったので...とも説明。今はもう太平洋の西部、つまり極東に向かっていると。当初言われた通りなら、もうとっくに朝鮮半島に接近していた筈。しかし今の予定では「今月末には同海域に」ということらしい。

 BBCは「この動きが意図的なものか、それとも何らかのミスかは不明」と報じているが、大まじめに「カールビンソンも接近」と議論していたことがばからしい。なんか頼りない。トランプの立場の一貫性の欠如もあって。しっかりしてほしいな。

13:46
2017
04/18
Tue

ちょっと筋違いじゃないの.....イギリスの選挙

day by day

 (23:15)正直言ってスマホで「イギリスが6月に選挙.....」という記事タイトルを読んだとき、「このスマホ、間違って一年前のニュースを俺に見させているのか....」と思いました。だって「イギリスが6月なにがしかに選挙」と言えば去年の今頃の話。

 しかしその前後のニュースをみたらフレッシュだった。なので会食中でしたので、「あとでゆっくり見よう.......」と。相手に失礼なので。後で見たら本当でした。メイ首相がダウニング10で日本時間の午後7時過ぎから記者会見で発表したそうな。

 でもビックリしたのは私だけではなくマーケットもだったようで、今見たらニューヨークの株も、ロンドンなど欧州の株も大幅安。英ポンドだけは「メイが勝つ。ソフトブレグジットになる」との予想から上がっているが、その他は「またまたサプライズ。嫌だな...」とばかりに警戒感を強めている。

 今年の欧州は選挙年。オランダ、フランス、そしてドイツ。それにイタリアが加わるかも知れないと思っていたが、イギリスが加わるとは。当初の予定は離脱交渉が佳境を迎えている筈の2020年。それを前倒ししての議会選挙。三分の二の賛成で水曜日に「6月8日に選挙」と決まる見込みだという。野党も賛成しているので。

 去年のEU離脱の是非を巡る国民投票は6月23日だった。一年たたずの国政選挙。しかし今年の選挙が複雑なのは、「イギリスのEU離脱の是非」を問うものではなく、議会選挙なので「政権選択の選挙」。

 ということは、つい一年前には「離脱か残留か」で与党内も揺れる中でキャメロンが率いた「残留」方(選挙で負けた)を旗印に戦った与党が、今度は「離脱」方に回ってメイ政権の進めるEUとの離脱交渉の是非を問うという複雑さ

 だとすると、「保守党支持で残留派だった人」はどうすれば良いのか。自由民主党に入れる、それとも労働党に ? 分からん。自分が「保守支持 残留支持」だったら、6月8日にはどこに入れるか悩むと思う。

 多分イギリスでは今後、そもそも離脱を決めた国民投票がおかしかった、という意見が多数出てくると思う。スタージョンも俄然勢いづく可能性がある。単純な政権選択の選挙では無く、かなりややこしい選挙になる。

 メイ首相の狙いは分かる。今なら野党支持率は低い。最新の調査では21ポイント差だ。票は結局離脱交渉を進める与党の自分に集まる。そしたら「選挙の洗礼を受けない首相」との批判はやむし、EUとの交渉でも国民の意思を代表して交渉に当たれる。

 確かにコービン率いる野党は弱そうだ。しかしEU離脱を前提に走り出した保守党のメイ政権を、依然として「イギリスはEUに残るべき」と考えている人は素直には票を彼女に入れられないと思う。その辺が見物だ。

23:45
2017
04/16
Sun

究極の選択も......フランス

day by day

 (22:15)今よくよく考えて、確かにフランスの大統領選挙はリスクだな、と改めて思いました。今まではルペンとマクロンの二人が今月23日の第一回投票で残って5月7日に決選投票を迎える。その二人の間ではマクロンがかなりの差で勝って、次期フランス大統領というのがメインシナリオだった。私の考え方の基本もそうだった。

 しかしここに来て、上位4候補の支持率は実に拮抗してきた。これは最新の世論調査などによる。少し前に出ているのがルペン(極右の国民戦線)とマクロン(元経済産業デジタル相)で、ともに支持率22%で並んでいる。しかしその直ぐ後にメランション(急進左派)が20%で続き、それからさらに僅差でフィヨン(元首相)が19%で続く。日曜日の日経には別の世論調査が載っているが、状況は似ている。つまり接戦。

 英国のEU離脱やアメリカの大統領選挙もそうだったので、「そもそも世論調査など信頼できるのか」という話があるし、「支持率調査の3~5%の差などないに等しい」と言うことも出来る。

 なのでもっとも世界が驚愕するケースとして、「ルペンとメランションが残る」ケースもあると考えたのです。たった今。さっきも書きましたが、今のところ5月7日の決選投票には「ルペンとマクロンが残る」とされている。この二人の間で決戦投票が行われた時には「マクロンが勝つ」との世の見方だ。

 しかし「上位4人がほぼ並んだ」ということは、様々な組み合わせを考える必要がある。繰り返すが、マーケットや欧州が一番困るのは「ルペン 対 メランション」です。今までは「フランスの左派は死んだ」と言われた。

 オランド大統領も不出馬だ。しかしメランション(党としては左翼党)はその巧みな演説でここに来て支持率を急速に伸ばしている。なにせ彼は「欧州の憲法」に当たるリスボン条約からの脱退が政策の一丁目一番地だ。彼はフランスのEU加盟条件の見直しも言っている。

 懸念されるのは社会党から出ている候補(アモン ?)が弱い中で、フランスの左の支持者の票がメランションに集まることです。そして極右の候補(ルペン)にも票が集まって、それこそ「分断のフランス」が顕現化すること。去年のアメリカの大統領選挙的に言えば、「ドナルド・トランプ 対 バーニー・サンダース」の大統領選といった究極の選択になる。恐ろしいです。

 この組み合わせの決戦投票になったら、マーケットがどうなるか分からなくなる。きっと今以上のユーロ安になる。ユーロ安はもう顕著に進んだが。また「第一回投票でルペンが勝ち残れなかった」ケースには何が起こるのか、そしてその代わりにメランションが残って、もう一人の保守系との戦いとなったらどうなるのか。そりゃマーケットは不安だ。

 北朝鮮の今朝のミサイル発射失敗。最初「わざと失敗したのかな」と思いました。成功したらアメリカが動く可能性がある。失敗したら「動かない」と読める。なので....とにかく様子を見るために。

 むろんあの大パレードの直後の失敗はみっともないが、国民は何も知らされないので金正恩の失敗にはならない。でも成功させるつもりでやったが失敗した、と考えるのが自然なんでしょうね。

 とすると、北朝鮮はあくまで核とミサイルの開発を続ける意思を示したということです。中国の働きかけにも、カールビンソンの接近にもかかわらず。ペンスの韓国到着の6時間ほど前のミサイル発射の試み。

 interconti(大陸間)ではないし、失敗したから「別にどうこうない」というのがアメリカの今の立場と伝えられる。本当かな。だってペンスがソウルにいる間は、詰まるところ何も出来ないでしょう。北朝鮮攻撃的な事は。

 中国も中国人旅行者の北朝鮮旅行を差し止めたり、北京ー平壌の航空便を止めたりと、いろいろと対北朝鮮での抑止を繰り出している。しかし一番重要な「石油を止める」というところまでは行っていない。アメリカはその動きを見ているのかも知れない。

 北朝鮮情勢の危機は少しも去っていない。トランプ大統領もあれだけ言っておいて(アメリカだけでもやる...と)、北がミサイル発射実験に加えて核実験をやったら、動かねばならない状況に立ち至る。金正恩は権威付けが欲しい。残るは核です。核は失敗しても「やった」「成功した」と言える。

 北朝鮮は国を安堵してもらうためには核とミサイル、特にintercontiの開発を止める事は出来ない。依然として時間の経過の中で「collision course」は強まる。

23:54
2017
04/15
Sat

新しい二つの現象

day by day

 (22:15)最近二つの事に気がつきました。まず都内で工事トラック(貨物トラックではなく)が劇的に増えたこと。例えば246、青山通り。自分で運転していてそう思うし、先日乗ったタクシーの運転手さんもそう言っていた。

 「もしかしたら」と思って金曜日かな、国立競技場の建設現場を通りかかったときに見たのですが、整地は完全に終わってクレーンがニョキニョキと立っていた。その本数は確か15本くらい。つまり搬入が本格化しておかしくない段階に入っている。なにせ大規模な工事ですから、資材・機材を運ぶトラックの数も半端ない。

 アメリカ大使館の下のビルは出来上がっているのですが、その近くのオークラの本館も同じような状況。ということは246周りで工事トラックが走り回る客観的状況が出来上がっている、ということ。しばらく続くんでしょうね。

 次に女性の歩き方が総じて速くなったと言うこと。私は男としても歩き方は遅い方ではない。どちらかと言えば速い。先日も福岡から来た友人が「靴の底に仕掛けがあるかのように歩く....」と私のことを言っていた。

 しかし最近はその私が歩きでしばしば一部の女性に追い抜かれる。むろん大部分の女性よりは私の方が速い。しかし街を歩いていると、恐ろしく速く歩ける女性がいることに気づく。そしてその種の女性の数が増えた。

 背丈のある女性が増えたと言うこともある。しかし背丈がない女性でもかなり速く歩ける人がいる。昔「女性の足」とか「男性の足」とかいう表現があった。それは「男性の足」の方が「女性の足」よりも1.1倍方速い、という前提だったと思う。

 しかし最近は「その手の表現はなかなか使えない」と思っている。なぜなら女性の中でも「男顔負けで早足歩行が出来る方が増えた」からです。きっと何か運動をしている方なんでしょうね。

 最近は男より女性の方が体を鍛えているケースが多い。今朝も皇居を周りながら女性ランナーの多さに驚愕していた。良いことです。

22:17

««前の10件  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  次の10件»»

twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
キーワード