日々のライブな情報ページ
2020
05/25
Mon

「美術展の不都合な真実」(新潮新書)

day by day

チャレ.JPG

 強く「そうだったのか」と思う本です。最初タイトルを見た時に「これは面白そうだ」と。だってずっと「日本の展覧会って、どうしてこんなに混むのだろう、並ばなければならないのだろう」と思っていたのです。「その理由が明かされるのでは」と期待した。

 思った通り、謎が氷解しました。なぜ私が若冲さんやフェルメールを見るために上野の森に早めに行かねばならなかったのか、それでも長い列を作らざるを得なかったのか。日本の美術展になぜ日本の新聞社とかテレビ局が主催等々にずらっと名前を連ねているのか。

 ネタバレするのであまり書きませんが(なぜなら新規発行本です)、大手メディアが中に入ることによってやはり歪んでいるんだな、と思う。仲介手数料は取られる、人を多く繰り出さないと(集客しないと)採算が取れないなど。日本の入館料は、世界的に見ればばか高い。

 ニューヨークにいたときは、近くに住んでいたのでメトロポリタンやグッゲンハイム、それに近代美術館などによく行きました。日本でその手の時間を過ごそうとすると、凄く手間暇がかかる。やはりちょっと頻度が落ちているな。良くない。

 ま、日本にも良い美術館はありますよ。地方だと島根の足立美術館(https://www.adachi-museum.or.jp/)は2年ほど前に行ってよかった。でも少数をのぞけば、日本の美術館は常設展示物がちょっと力不足というのは否めない。

 その中にあって、この本の7章「本当に足を運ぶべき美術館はどこか」は参考になる。千葉や横浜はちょっと遠いが、その他は都内で近い。行っているところもあるのですが、教えて頂いたので少し足を運ぼうかな。自分の知らない分野なので、この本はとっても面白かった。

10:18
2020
05/23
Sat

「政策至上主義」(石破茂 新潮新書)

day by day

チャレ.JPG

 

 いや、単なる私の思い込みかも知れませんよ。でも「次に総理大臣を狙う日本の政治家は、本、特に新書を書きたがる」という印象を持っているのです。首相になれたかどうか、なれるかどうかは別にして。やはり「本」の出版は権威付けになるのかな。それとも国民との事前の意思疎通? 「(座につく前に)一冊欲しい」というのは共通の思いのようだ。

 今の安倍晋三さんは確か「美しい国」(文春新書)だった。読み終えたときに「ナルちゃんかな」と思ったし、「やや一方通行の思いが強すぎる」と感じました。このままこの人が政権の座についても「短いかも」と思って、テレビでそう発言したことがある。実際に安倍さんの第一期政権は短かった。本は読む人に強い印象を残すし、その人が普段は見せない思考パターンをさらけ出す。先行きが読めることが多い。

 与謝野 馨さんの「堂々たる政治」(新潮新書)を読んだときに、「あ、この人は総理大臣を狙ってこの本を書いたな」とはっきり分かりました。今でも覚えているのはあとがきに「この国に役立たん、いざ」と言ったことを書かれていたこと。その思いがあったので民主党に移ったのだと私は思う。しかしその後に体調を崩されて、そのまま政治の世界から去られた。

 多分、石破茂さんも「政策至上主義」(新潮新書)を座を狙って書いておられる。だって政治家の一番大事な仕事は「政策を立案し、それを実行すること」と本で書いているのだから、それをする為には日本の政治のトップである総理大臣になる必要がある。政策を一番実行できる立場。

 特にワクワクする本ではない。「思った通りの真面目な人だ」という印象だが、何故政治家になったのか、どんな人を仰ぎ見てここまで来られたのかということが良く分かる本だ。いや、安倍さんの政権も終息が近いかもとか思って紹介しているわけではないので、あしからず。

 石破さんは、政治の表舞台から去っている時間が長すぎるのでこの本を書いた、ということもあると思う。「私だったらこうする」という面も書いてある。しかしコロナ禍のこの激しい世界の変動については当然書いてない。石破さんにはもう一冊書いて欲しい気もする。

 本の中身はあったかいし、いろいろな思いが詰まっている。でも本のタイトルの「政策至上主義」というのはいただけない。どこか冷たい。でもそれが石破さんのイメージそのもののような気がする。そこで損している。

 安倍さんを取り巻いている人達には、色々な問題があることがここに来て非常にはっきりしてきた。この本を読みながら、「石破さんを取り巻く人々はどんな人がいるのだろう」という興味を持った。なぜだったら、政治の世界ではいろいろな役割を果たしてくれる人が沢山いる必要がある。一人で全部動かすことは出来ない。しかし変な人を自分の周りに集めると、政治がおかしくなる。

 この本の帯には「次期総理候補No.1」とある。本当にそうなのかどうかは知らない。しかし「候補の一人」ではあるのだろう。「この本で総理になる」という意気込みまでは感じられない。しかしこの方の考え方はよく出ている。お楽しみに。

21:22
2020
05/21
Thu

「関ヶ原」の決算書(新潮新書)

day by day

チャレ.JPG

 すみません。分野を絞らなくて。でもあっちゃこっちゃの分野の本を時に読み散らかして、そのミソをいくつか頭の中で繋げる、というのは私の趣味の一つなので。

 「武士の家計簿」以来戦国・江戸に関する読み物は、単なる戦記物ではなくこの手の本が主だ。今に英雄と伝えられる人物の像は、酷く歪められているのだろうと思うことが多い。江戸時代の歌舞伎の筋書き(ある程度単純な必要がある)が寄与しているとも思う。

 「本当は ?」に思うことが多い。なので過去30年以上、NHKの日曜日の大河ドラマは見ていない。単純化が嫌いだし、この衣装はないだろうと思うものも多い。そもそもネタが切れている。光秀は挑戦かも知れないが、だからと言って観ない。大体が忙しい。

 経済を見ている人間でもあるので、「その時のマネーの動きは」という視点は、実に興味深い。日本の歴史では誰もが知っている「関ヶ原の戦い」を「決算書」という視点から描いた本を、筆者はこれ以外余り知らない。とっても面白く読んだ。

 人は信義だけで動くのではない。それもあるが、しばしばお金の動きに誘発されて動く。結局勝った徳川家康が一番儲けたという話だが、そこに至る過程が面白い。当時の米の一石を今の貨幣価値で表示するのは至難の技の筈で、説明されても「そうかな」という部分はある。

 しかしこの本が導き出した様々な総額は、ほぼ大方「今の時代に当てはめる」とそんなところかな、とも思う。「武士の家計簿」はある武士が残した詳細な日記を分析したもので、それはそれは緻密だった。この本は大分どんぶりだが、それでも読み応えはあった。

 

16:06
2020
05/19
Tue

day by day

チャレ.JPG

 令和になって、しかもこのコロナ禍で急速に忘れられつつある。しかし「何故起きたのか」「どうしてあのような展開になったのか」と忘れてはならない平成の経済事件がいくつかある。この本は事件を追った二人の記者の記録だ。

 この本が取り上げている事件の最中、日本は大揺れだった。読み進む中で、「そうだった」と同時に、「そうだったのか」という事実が次々に提示される。報道されなかった数々の事実。金融界もそうだが、行政のあり方も大きく変わった。

 丁寧な取材の積み重ねの上に提示できる事実が積み重ねられている。恐らくそのいくつかは日々の新聞の記事にもならなかっただろう。その辺を繋ぎ合わせながらこの本は四つの事件を取り上げる。

 読み返す中で、「一連の事件は、日本の経済システムの敗戦だったんだな」と思う。そこから新たな形が生まれてきているのかは議論のあるところだ。もう我々は忘れかけているが、それほど昔に起きたことではない。

 二人の記者の地道な努力に拍手を送りたい。

バブル経済事件の深層

21:25
2020
05/18
Mon

『「空間」から読み解く世界史』

day by day

チャレ.JPG

 今日は『「空間」から読み解く世界史』を紹介しましょう。私たちは普通"歴史"を時間軸にそって考える。世界史でもよく「○○は何年の事だった」と覚えた。しかしこの本は、「空間軸で考えてみたらどうなるだろうか」という発想で歴史を考える。

 「歴史上の大きな転換は空間像の変化と結びつく」というのがこの本の想定だ。「大農業空間の形成」「騎馬遊牧民と商人によるユーラシア規模での空間統合」「鉄道・蒸気船による地球空間の統合」など五つの「空間革命」を指摘し、そして最後に「地球規模の電子空間の形成」を挙げる。

 我々は最近、国境の溶融を何回も目にしたし、今もその最中にいる。今も各国に勢力を維持するISは「電子空間」を最もうまく使ったテロ組織だった。アメリカの巨大IT企業もある意味「国境を遙かに超えた存在」と言える。

 「国」という存在の立ち位置は、新型コロナウイルスの登場で再びクローズアップされているが、この騒動が収まれば、その立ち位置を再び問われることになる。生産、投資、雇用などなどで実は国家が差配できることには限界が出ている。

 今の世界中の政治家の存在感は軽い。その一因は、既に世界には「国家を超える存在」があるからだ。トランプ大統領を初め世界の指導者は、しばしばツイッターで呟き続けなければその存在を示せない。

 それは時に、登場してきた「電子空間」に時に媚びているようにも見える。しかし我々もまた電子空間で生きることを選択しつつある。コロナの時代はそうなる。

 次なる空間が何になるのかはまだ分からない。しかしここからの人類は、「電子空間」との付き合いを続けねばならないだろう。


15:28
2020
05/17
Sun

「カズのまま死にたい」(新潮新書)

day by day

チャレ.JPG 

 ひょとして、彼として書いた3冊目の新潮新書? そうだ。私は2冊しか出していないので、抜かれちゃった....。

 思い出しました。前の2冊「やめないよ」「とまらない」も読みました。日経新聞の隔週で彼が書いているコラムをまとめて出ている本だが、コラムが貯まったら本になるので、その間一定時間がたつ。その経過した時間を振り返りながら彼が書く「プロローグ」と「あとがき」が「今の彼の考え方、関心の先」を示す。

 で、3冊を読んで思うのは、「全く変わっていない」ということ。それが凄い。弱音なし。先あるのみ。最近英会話を開始したらしい。凄い。

 彼が登場した頃、実は好きではなかった。あのハデさが。しかし中学からブラジルに行ったと知って考えが変わり、その後は応援団だ。今でも少し嫌みが残っているのが良い。

 少し弱気があるかな。「2020年はラストチャンスなのかもしれない」と。その2020年のサッカーシーズンは始まっていない。早く始まって欲しい。彼には「無観客」は好みで無いだろうが、ドイツもそれで始めている。

 うーん、彼の4冊目の新潮新書も期待したいが、どうだろう。でも出そうな気もする。まだ早朝から練習しているそうな。ずっと応援したい選手だし、この本もまた読むと体がシャキッとする。ナイス。

08:14
2020
05/16
Sat

「人間の品性」(新潮新書)

day by day

チャレ.JPG

 さて、白塚さんからバトンタッチを受けた私の第一回の「ブックカバーチャレンジ」です。 

 最初は最近読んだこの本かな。「人間の品性」(新潮新書)。今はもうNHKのテレビ画面にはおられません。しかし私はずっと、「この方は、数多くのNHKアナウンサーの中でも別格」とずっと思っていた。下重暁子さん。

 画面を通してこの方を想像していた私のような人間には「おったまげ」の連続の本です。「私の履歴書」(日経)の面もある本で、実に赤裸々、あけっぴろげ。「こんな事まで書いていいのか」と思うほど。

 中身は面白いし、文章が実にうまい。切れがあって気持ちが良くなる。スッキリする。実に「臈たけた」方です。「優しさだけでは駄目。勁さが必要」と。ですよね。

 本のフロントのアタイアも、黒ベースにアクセントとしての赤。素晴らしい。FBの方々にはご存じない方もいらっしゃるかも。しかし井上○○○さんが30年後にこんな本を書いたら、興味ある人が多いだろうな。女性が「生き方」を考える上でとっても参考になると思います。 お楽しみに。品性.jpg

15:09
2020
03/17
Tue

中国特集を金曜日に放送します

day by day

 世界の大部分の国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、発生元の中国は今どうなっているのか。感染・収束の現状、生産再開の動き、中国経済や習近平政権の将来などを主なテーマとして特集番組を金曜日に放送します。

 「伊藤洋一のRoundup World Now」(http://www.radionikkei.jp/roundup/)がそれで、収録を月曜日の夕刻に行いました。ゲストは東京財団政策研究所主席研究員の柯隆さんです。この放送をお聞きの方はお馴染みの方ですが、最近はますます活躍の場を広げています。各種テレビ番組にもご出演。

 毎回彼との対論、インタビューは楽しみですが、今回もとってもインフォーマティブで面白かったし、多くの方の参考になると思います。昨日はこれとは別にテレビ番組一つ(フジテレビ グッディ)、ラジオ番組一つ(TBSラジオ 森本毅郎スタンバイ)に出ましたが、最近良いと思うのは番組の「聞き直し」が可能なこと。とっても便利。

 最近NHKプラス(https://plus.nhk.jp/watch/ch/g1)を視聴し始めましたが、とっても自由になりました。スマホで「頭からの見直し」が出来るためです。直前のNHKニュースを最初から見ることができる。私が見たいのは映像とニュースの順番です。スマホのアプリ対応というのが素晴らしい。

 もう一つ月曜日には長い文章を書きましたが、一部の方々には参考になるかも知れない。ちょっと専門的ですが。サイトだけ残して起きます→https://arfaetha.jp/ycaster/news/pdf/20200316.pdf

 それではまた。

11:57
2020
03/10
Tue

恐れるべきは「医療崩壊」

day by day

 月曜日のテレビ(フジ 午後2時からのグッディ)で、新型コロナウイルスに関する先週末からの私の疑問を専門家に質問することが出来たので、備忘で書き残しておきます。その日のゲストは吉田正樹さん(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバー https://www.cas.go.jp/jp/influenza/senmonka_konkyo.pdf)と感染症に詳しい医師の金子俊之さんでした。

 疑問とは「時間的推移の中で見ても、日本の患者数と死亡者の数が他の国に比べて少なく推移しているのは何故か?」でした。この文章を書いている時点ではイタリアの感染者は9172人で死者が453人(10日午後7時のNHKの報道)。韓国の感染者は7513人、死者は59人(同時刻の中央日報の報道)。対して10日夕現在で発表された日本の感染者は511人、死者の数は10人で、圧倒的に少ない(別にクルーズ船感染者703人、死者7人)。

 実は「感染者のカウンティング」については、国によって検査システムも検査能力もかなり大きな差異があり、出てきた数字は国によって意味合いがかなり違う。それは色々な報道で分かってきている。ずっと私は「単純な比較は出来ない」と思っていました。よって私の関心事は「COVID-19による死者」の数でした。「なぜ日本はこの数字が少ないのか。人口が日本の二分の一以下のイタリアに比べると、その少なさが際立つ」と思ったのです。この疑問をゲストに投げたのです。主に吉田さんがお答えになってくれた。

 その回答は、「やはり日本の医療システムが優れていることがあると思いますし、感染者を激増させなかった、ゆっくりな伸びにとどめたことが良かったのでは」というものでした。私も「そうかな」と思っていた所でのご指摘でした。普通日本人は「私たちが優秀なので」とはなかなか言わない。吉田さんはよくおっしゃって下さった。でもその矜持は重要だと思う。

 改めて感じるのは、イタリアの対感染者での死者の割合の高さです。4.93%。「なぜイタリアの死者の数は絶対数でも感染者との比率でも多いのか」というのが私の別の疑問でした。これについては直近のイタリアからの報道で分かった気がする。

 それは「医療崩壊」です。「使えるスペースには全部ベッドを並べ、廊下まで患者で溢れている」とミラノ近郊の病院看護師がテレビのインタビューで応えていた。「お医者さん、私たち、すべて疲労困憊です」とのこと。それは私たちが少し前に武漢からの報道で目にしたものです。武漢で起きた「医療崩壊」が、今はイタリアの北部で起きている。もっとも恐れるべきはこの事態だと分かる。どの国でも、それを起こしてはいけない。

 ゲストの方に「安倍政権が採った二つの措置」についても聞きました。小中高校の春休みまでの休校」「中国・韓国からの入国制限」。吉田さんは前者に関して「一斉ではなく、インフルエンザと同じような個別学級・個別学校の閉鎖の方が良かったと思う.......」ということで、後者に関しては「韓国はあの時点で患者が急増していたのでそうだと思いますが、中国は既に感染者の伸びが鈍化していたので....」とお答えになったと思う。どちらの決定に関しても総理から諮問はなかったことに関しては「聞いて下されば良かったのですが......」ということでした。

 10日午後7時のNHKニュースにゲストで出られていた同会議副座長の尾身茂さんは、「実は2009年の新型インフルエンザ発症の時も、日本は圧倒的に感染症抑止で成果を挙げた。この新型コロナウイルスは感染しても8割の方が他の方にはうつさない。重症化しても半数の方は回復する」とおっしゃっていた。念頭に置いて、冷静に対処していきたい。(了)

21:57
2020
02/12
Wed

「臭い」を主役に引き上げた映画→「パラサイト 半地下の家族」

day by day

 この映画を見ながら思い出していたのは、イギリスの映画監督ケン・ローチが「万引き家族」の監督・是枝さんとのテレビの対談番組で語っていた言葉でした。

  「貧困は、実にいろいろなところに表れる。着ているもの、その人の態度、言葉のちょっとした違い、肌の色艶、そして臭い。なので私は貧困がテーマの映画では俳優は使わない。現実に貧しい生活を送っている人を登場させる。そうでないと現実味がない。あなたは万引き家族を撮影するとき、どうしましたか....」

  概ねそういう発言だった。是枝監督はちょっと逡巡して選別の時に考えて選んだと答えていたが、同じ言葉は今年のアカデミーで作品賞、監督賞など4部門で栄冠を勝ち取った韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(http://www.parasite-mv.jp)のポン・ジュノ監督に投げられても面白いと思った。なぜなら、韓国の俳優はあまりよく知らないが、パラサイト家族の父親を演じたのは私が知る限り韓国ではかなり有名な俳優だからだ。

 しかし色々努力の跡は見えた。肌の色つやをやや酒やけっぽく斑に赤くし、斑点が目立つ形にメークしていた。韓国の言葉のニュアンスは私には分からないが、やはり少し工夫したのだと思う。

 しかしこの映画で一番キーとなったのは「臭い」です。「貧困の中で半地下の家に住むが故のこの家族の臭い」。この映画では半地下の家の外で、酔っ払いが立ち○○○○をするシーンが数回出てくる。それらや、折り重なった様々なモノの臭いが結合して出来る独特の臭い。

 六本木ヒルズのスクリーン7は三次元だが、「臭い」はしなかった。さすがに。想像するしかない。今は相当違ってきたが、ソウル・オリンピックの少し後までは、韓国は都市でも独特の臭いがする街だった。映画でそれを想像するしかない。

 想像するしかないが、この映画で「臭い」は決定的な役割を果たす。映画の大きな筋書きを作っているといっても良い。観客が感じられない臭いを、映画の主役の一つに引き上げた。希有な映画です。

 最初にパラサイト家族のインチキに気がつくのは、金持ち一家の末の、ちょっと変わった息子です。「ともに最近雇った運転手(夫)と家政婦(妻)の臭いが同じだ....」と言う。この息子の両親は気がつかない。そして「臭い」は、惨劇にまで発展する。金持ち一家の夫が示す臭いへの嫌悪。それが引き金に。

 まだ見ていない人が多いだろうから、これ以上は書きません。さすがに「作品」「監督」「長編映画」「脚本」の4賞を受賞するに値する映画だと私は思った。細かい事を言えば、いくらでも指摘できることはある。パラサイト一家が次々と雇われていくプロセスもどうかと思う。気がつかない方がおかしいが....

  しかし韓国社会の格差を描いた割には、それほど重苦しい感じはしない。「韓国の人はこの映画を誇れるだろうか?」なんていう野暮な疑問は内にしまうことにする。テンポ良く展開し、楽しめる。

  脚本も監督もうまいし、俳優もそれなりきの役割を果たしている。しかし同時に思ったのは、この映画にアメリカの賞選定委員達も一票を投じるほど、この映画が取り上げている社会的格差が世界共通の問題になったという事実が重いということだ。筋書きは結構骨太だ。

  お勧めです。{了}

15:17


twitter
伊藤洋一公式Twitterアカウント

サーチ


カテゴリー


最新の記事

カレンダー

キーワード